テキサス・インスツルメンツ

テキサス・インスツルメンツ

新着Blog

自社のアプリケーションでマイコン(MCU、マイクロコントローラ)を使用する際、フラッシュまたはFRAM(強誘電体メモリ)のいずれかを選択する必要があります。FRAMとはどのようなもので、それが有用な機能なのか、疑問に思う人もいるでしょう。

センサのアプリケーションは、物理的にますます小型化してきています。工場内で見えないよう設置するのに必要な産業用リモート・センサや、次世代のスマート・ウェアラブル・デバイス向けのセンサを設計する場合でも、リソースとしてのスペースは不足してきています。

DLP®製品に携わってきた20年のうちに、DLPテクノロジを活用した幅広いアプリケーションが現れてきました。プリント回路基板(PCB)の製造と検査における2Dから3Dへの自動光学検査 (AOI)の移行も例外ではありません。

Bluetooth® 5による速度の向上に合わせて、作業も加速化したいと思うことはありませんか。TIから発表された、シングルモードBluetooth Low Energyアプリケーション向けの世界初の完全認証Bluetooth 5プロトコル・スタックは、高速モードをサポートし、開発作業の容易なスピードアップに役立ちます。

産業用イーサネット・プロトコルはFA(ファクトリ・オートメーション)の重要な要素になっています。現在、EtherCAT、Profinet、Powerlink、Ethernet/Industrial Protocol(IP)、Sercos IIIなどの多くのプロトコル標準が存在します。

次世代のユニバーサル・シリアル・バスUSB Type-Cの登場により、スマートフォン、ラップトップ、その他の電子デバイス用充電器やアクセサリを複数持ち歩くような日々は終わりを迎えるかもしれません。

産業用分野でのドローン・アプリケーションとして、マッピング、セキュリティ、検査、捜索救難、物流、資源採掘、農業などを挙げることができます。ここでは農業に注目し、どのように、またなぜドローンが農業の将来に不可欠なのかを考えてみます。

IoT(Internet of Things)クラウド・アプリケーションのデモンストレーションが、これまでにないほど簡単になりました。SimpleLink™ SensorTagファミリに新しく加わったSimpleLink Wi-Fi® CC3200 SensorTagキットを使用すれば、より高速かつ簡単にクラウドへ接続できます。

ミリ波テクノロジは自動車業界において大きな成功を収めていますが、その設計者は現在、ビル/ファクトリ・オートメーションのような他の市場への展開という課題に取り組んでいます。

流量計メーカーは、超音波式の先進的な流量計測テクノロジーを迅速に採用することで、公共企業のニーズに対応しています。超音波式の流量計の動作の仕組みについて説明します。

産業用イーサネットには30を超える規格があり、現場ではばらばらの規格が使われていることがあります。そのような問題を解決するのにはマルチプロトコル対応のSitaraプロセッサが大きなメリットを持ちます。

アプリケーションに最適な規格を選択するための支援として、一般的な産業用イーサネット通信プロトコルについて説明するシリーズです。今回はPROFINETについて説明します。

アプリケーションに最適な規格を選択するための支援として、一般的な産業用イーサネット通信プロトコルについて説明するシリーズです。今回はEtherCAT、その最終アプリケーション、および動作方法について説明します。

ファクトリー・オートメーションで使用される3種類のプロトコル、4~20mA電流ループ、HART、IO-Linkについてご紹介します。


取り扱いメーカー

お問い合わせ