Texas Instruments 技術情報

【静電容量式タッチセンサー】CapTIvate Design Center GUIを使って、わずか数分で設計環境をセットアップ

[最終更新日 : 2016/12/09]


CapTIvateの充実した開発環境

CapTIvate静電容量タッチソリューションでは、お客様がアプリケーション開発に集中できるよう充実した開発環境をご提供しています。

充実した開発環境のひとつに、「MSP CapTIvate Design Center GUI」という設計支援ツールがあります。このツールを使用すれば、タッチセンサー電極とマイコンの接続からソースコード作成まで極力自動化させることができ、非常に短時間で設計環境をセットアップすることができます。

MSP CapTIvate Design Center GUI で何ができる?

MSP CapTIvate Design Center GUIでは、

  • タッチ・センサの作成と設定
  • ボタン、スライダ、ホイール、近接センサの感度を簡単にチューニング
  • リアルタイム・チューニング
  • ソース・コード、プロジェクト全体を自動的に生成

ユーザーが直感的に使えるインターフェースで、簡単に操作できます。

CapTIvate Design Center GUIを使って設計環境をセットアップ

CapTIvate Design Center GUIのコード自動生成機能により、短時間で マイコンでの動作確認ができてしまうので、センサのチューニング操作まではわずか数分です。

Step1:タッチセンサのキャンバスを作成

CapTIvate Design Center GUIを起動し、File->Project New:プロジェクト名で新しいキャンバスを準備後、

  1. アイコン配置
  2. ボタン、スライダ、ホイール、近接センサを配置するため、キャンバスにアイコンをDrag&Dropします。

  3. 属性設定
  4. 自己容量方式(Self) 相互容量方式(Mutual)等、センサの属性を設定します。


Step2:マイコンとの接続設計

マイコン、センサの属性を設定後、マイコンI/Oとセンサを接続します。

マイコンのプロパティを開き、AutoAssignボタンをクリックすることで、センサ電極がマイコンのIOポートに自動的にアサインされます。正しく接続されるとErrors表示がOKにかわります。

Step3:プログラムの作成

マイコンI/Oとセンサが正しく接続されるとGenerateSourceCodeボタンが選択できるようになります。このボタンをクリックすることで、ソースコード(プロジェクト)を自動生成します。

Step4:マイコンへの書き込み

次に自動生成されたソースコード(プロジェクト)をマイコンへ書込みます。書込みには統合開発環境 Code Composer Studio™ IDEを使用します。

  1. Code Composer Studio™ IDEにプロジェクト読み込み
  2. Debugボタンをクリック

  3. で、マイコンへの書き込み完了です。


Step5:センサのチューニング

マイコンへの書込みが完了したら再び、CapTIvate Design Center GUIツールを使用します。センサのプロパティを開くと、応答を視覚的に確認できる画面をみることができます。

センサ電極に導体(手や指)を近づけることで、リアルタイムに棒グラフが変化しますので、所望の応答が得られるようにパラメータを調整します。

如何でしたか?MSP CapTIvate Design Center GUIを使えばタッチセンサの評価環境を簡単に構築することできます。

CapTIvate関連情報はこちらから

CapTIvate™ タッチ・マイコン

MSP CapTIvate™ MCU 開発キット評価モジュール

MSP CapTIvate Design Center GUI

CapTIvate Technology Guide

関連記事

【静電容量式タッチセンサー】CapTIvate タッチ感度をGUIで簡単チューニング

CapTIvate 水気のある場所でも検出可能な最新の静電容量式タッチソリューション


本記事はマクニカオンラインサービスに掲載されている技術情報を、マクニカオンラインサービスからの許可を得て転載しております。

提供元:マクニカオンラインサービス

取り扱いメーカー

お問い合わせ