Texas Instruments 技術情報

10種類のセンサ情報をスマホへ送信!わずか3STEPと手ごろに扱えるSensorTag

[最終更新日 : 2016/07/19]


SimpleLink SensorTag IoT評価キット とは

SensorTag IoT評価キット(テキサス・インスツルメンツ製品:以下 TI 製品)は、小さな赤いパッケージに10種類の低消費電力センサと3種類の無線規格に対応するデバイスが内蔵され、コイン・セル・バッテリを使用したバッテリ動作が可能です。低消費電力を実現したため、バッテリ不要アプリケーションの実現も可能です。また、Bluetooth Smart により、SensorTag用のアプリ (iOS, Android)を使用すると、わずか 3 STEPでスマホに接続、加えてクラウドとの接続を確立、センサ・データのオンライン利用を可能にします。

10種類のセンサ情報

SensorTag 評価キットで 光、デジタル・マイク、磁気センサ、湿度、圧力、加速度計、ジャイロスコープ、磁力計、物体の温度、周囲温度の合計10種類の検出が可能です。

10種類の検出を実現するセンサデバイス

  • 温度・湿度センサ HDC1000(TI製品)
  • 照度センサ    OPT3001(TI製品)
  • 非接触温度センサ TMP007(TI製品)
  • 大気圧センサ
  • 9軸モーショントラッキングデバイス
  • 磁気センサ

3種類の無線規格に対応

SensorTag 評価キットはBluetooth LEを始め、 3種類の無線規格に対応しています。

無線規格 BLE 4.1
ZigBee(ファームウェアのアップグレード必要)
6LowPAN(ファームウェアのアップグレード必要)

包括的な開発システム

  • DevPack Debugを使用すると、SensorTag IoT評価キットにデバッグ機能の追加が可能です。
  • Code Composer Studio コンパイラのライセンスを付属しています。

詳細情報

製品の詳細情報はこちら




本記事はマクニカオンラインサービスに掲載されている技術情報を、マクニカオンラインサービスからの許可を得て転載しております。

提供元:マクニカオンラインサービス

取り扱いメーカー

お問い合わせ