Texas Instruments 技術情報

新人奮闘記事 第1回「はじまる、新人FAEの奮闘」

[最終更新日 : 2016/09/08]


はじめに

はじめまして。富士エレクトロニクスに2016年入社しましたクライフです。

さて、新入社員の私が入社してから5カ月経過してこれまで富士エレの一員としてどんな奮闘をしてきたのか、本記事で皆様にご紹介します。

奮闘する今回の取り組み

私はマイコンを扱うチームに配属となり、これまでマイコンや回路設計、プログラミングについて研修を受けてきました。そんな私に与えられた研修期間最後の課題は製作実習でした。

簡単に言うと、今までの研修の集大成となるモノづくりをしよう!というものです。富士エレ先輩方は新人時代このような実習はなかったとのことで、初の試みとなります。しかも期間は1カ月!い、1カ月でモノづくりをしようなんて・・・。

できるかわからない不安と闘いながら実習に挑むクライフの奮闘が今始まる!!

何を作る?

さて、製作実習でモノを作れ!となりましたが、何を作ろうか・・・。まず、提示された条件をまとめてみます。

  • Texas Instruments社(以降、TI)のマイコンを使用する
  • 基板回路を自主製作する(評価ボードと組み合わせたものでもよい)
  • 1カ月で実現可能なもの

なるほど、条件があってもやっぱり幅が広い。何を作ろうか悩みどころですね。

悩みましたが、やはり“動くもの”は見栄えもいいし、実際に動いたら「オォ!」ってなりますよね。
そこで、「お掃除ロボット」を参考に作ろうと思います。さらに、お掃除ロボットの掃除機能を別のものにしてみようと思います。そこで浮かんだのが、目覚まし時計!(私もよく経験したベルを止めても2度寝してしまうこと。。。その目覚まし時計が動いてくれれば、よく見ないとベルを止められない = 目をあけるから起きる!!)

この2つを組み合わせたアプリケーション、その名も・・・

目覚ましロボット

を作ることにしました!

仕様、どうしよう、こうしよう

作りたいものは“目覚ましロボット”に決まりました。

ではどんな機能を搭載させるか、列挙してみることにします。

  • 時刻を表示
  • 現在時刻とアラーム時刻をユーザーが設定
  • 前進、後退、旋回でロボットが動く(2輪駆動)
  • 動き続けるために壁にぶつからない、机の上から落ちない
  • アラームの間、ブザーが鳴る
  • 動いているロボットを止めるスイッチ

これらの機能を実現するために必要な部品を調べ、マイコンと組み合わせたブロック図を作成しました。

ブロック図

入力(ブロック図左側)として、ロボットが動く間、壁にぶつからない・机の上から落ちないためのセンサとユーザが各種設定できるタクトスイッチを用意します。出力(ブロック図右側)には、時計表示のLCD(液晶ディスプレイ)モジュールとロボットを動かすためのモータ、アラーム時のブザーを使いたいと思います。こうやってみるとどんなものになるだろうというわくわく感が出てきますね。

ブロック図のCPU部分は今回、MSP430G2553を使います。これは私が入社して初めて触れたTI社のマイコンであり、ADコンバータ、コンパレータ、タイマが内蔵されており、製作物の仕様を満たせると考え、選定しました。また、今回はマイコンの入出力ピンがすでに取り付けられた評価ボードLaunchPadで製作します。

部品を決めたら次は回路図ですね。センサを使うにしてもマイコンとの間に流れる電流はどのくらいでないといけないのか、ロボットなので電池で駆動させたいのに対して、マイコンやセンサが駆動する電圧にどうやって変換するか、などなど考えながら設計しないといけません。全部品のデータシートとにらめっこして出来上がった回路図がこちらになります。

こうして一通り、製作実習に向けた準備はできました。本当に入口に立ったな、という印象ですね。

これからいよいよモノづくりをはじめていきます!

新人奮闘記事シリーズはこちら

新人奮闘記事 第1回「はじまる、新人FAEの奮闘」

新人奮闘記事 第2回「製作始動、ロボットの目“センサ”」

新人奮闘記事 第3回「順調ペース、ロボットの足"モータ"」

新人奮闘記事 第4回「新人の躓き、ディスプレイの時計表示」

新人奮闘記事 第5回「更なる難問、ロボットのプログラム統合」

新人奮闘記事 第6回「目覚めるか、目覚ましロボット」

実験に使用したTI製品の詳細はこちら

MSP430 バリュー・ライン・シリーズ MSP430G2553
MSP430 LaunchPad バリュー・ライン開発キット MSP-EXP430G2

クライフのプロフィール

工学系大学出身。小学生から算数、数学が好きだったことから理系の道に進む。高校、大学では放送部に所属していた文化系人。寝ることが好き。でも自転車やドライブも好き。一人暮らし生活を満喫中の新米社会人。

取り扱いメーカー

お問い合わせ