メーカーニュース

ZOE-M8Gモジュールを発売 : 高性能で超小型のマルチGNSSモジュール:ウェアラブル、ドローン、資産追跡に最適な測位センサー

2017年01月25日

u-blox は、小型で軽量、高精度が必須の市場向けに開発された超小型のGNSS(全地球測位システム)レシーバー・モジュール、ZOE-M8Gを発表しました。

ZOE-M8Gは、GPS、Galileo、およびGLONASSまたはBeiDouの同時並行受信により、極めて高精度な測位情報を提供します。さらに、-167dBmの業界最高のナビゲーション感度により、ウェアラブル機器、無人航空機(UAV)、資産追跡に最適です。

新しいu-blox ZOE-M8Gは、内蔵SAWフィルターおよびLNA(低雑音アンプ)を搭載した完全一体型の総合GNSSソリューションで、製品設計を容易にすることができます。パッシブ・アンテナ内蔵により、追加のコンポーネントは不要で、パフォーマンスを損なうこともありません。

小型の画期的なフォーム・ファクター
ZOE-M8G GNSSモジュールは、わずか4.5×4.5×1.0mmです。非常に小型であるため、ZOE-M8Gモジュールを使用したGNSSの設計は、CSPチップGNSSレシーバーを使用した従来のディスクリート・チップの設計と比較して、PCB面積が約30%削減されます。

ユーブロックス社、測位製品センター部門、プロダクト・マーケティングのUffe Plessは、次のように述べています。「スマート・ウォッチ、フィットネス・トラッカー、資産追跡、UBIドングル、さらにドローンなどの製品を設計する場合、1mm2および1gが重視されます。u-blox ZOE-M8Gは、製品設計者が厳しいフォーム・ファクターおよび重量の制限を守りながら、正確な測位情報を極めて簡単に実現できるようにします。」

u-blox ZOE-M8Gは、2017年2月にサンプルを提供し、2017年9月より量産の予定です。

評価サンプル、お見積り、技術的フォロー等のお問い合わせなどはこちらよりお申し込みください。