富士エレクトロニクス株式会社

メーカーニュース

日本TI、産業用電圧計測アプリケーション向けに 最高の精度と動作寿命の強化絶縁アンプ製品を発表

2018年10月02日

拡張温度範囲で、より高電圧の動作、より長い動作寿命、より安定で高精度の計測を 提供すると同時に、基板実装面積を縮小するTIの次世代絶縁アンプ製品

SCJ-18-019
2018年10月2日

日本テキサス・インスツルメンツは、業界最高の精度と動作電圧ならびに、最長の動作寿命信頼性を提供する、新型の強化絶縁アンプ製品を発表しました。新製品の『ISO224』は、より良好な非直線性特性、より低いオフセット誤差やゲイン誤差、より高い温度安定度など、他に例のない高性能を提供、性能の制約なく、高精度システムの設計を可能にします。この新型絶縁アンプは、ファクトリ・オートメーションや制御、グリッド・インフラストラクチャ、鉄道輸送やモータ・ドライブなどのアプリケーション向けに開発されました。製品の詳細およびサンプルのご注文に関しては、こちらをご覧ください。

『ISO224』強化絶縁アンプの特長と利点
·最高の信頼性を提供: TIの キャパシティブ絶縁テクノロジ によって、最長の動作寿命と、絶縁製品業界の標準規格の要件よりも50パーセント高い動作電圧、最大80kV/μsの同相過渡耐圧(CMTI) や、-55℃~+125℃の拡張産業用温度範囲での堅牢な動作を提供
·業界最高の性能: 高精度の『ISO224』は 産業用アプリケーションで広く使用されている±10Vの信号を、より高精度で計測可能。同等の競合デバイスと比較して、25パーセント良好な非直線性特性、1/8のゲイン誤差、より低いオフセット・ドリフトや、より高速のシステム応答を提供
·小型パッケージ: 『ISO224』は、前世代の『ISO12x』製品と比較して60パーセント小型のパッケージと、5V入力のA/Dコンバータへの直接接続をサポートしていることから、製品の基板実装面積を縮小。また、『ISO224』は電圧検出機能を備えた、単一のハイサイド(高圧側)電源を内蔵、設計とシステム・レベルの診断機能を簡素化

製品設計の迅速化に役立つ評価ツールとサポート
『ISO224』絶縁アンプの回路内での動作のシミュレーションや解析が可能なTINA-TI™ SPICE モデル をダウンロードできます。また、SIM TINA-TI リファレンス・デザインISO224 TINAk-TI SPICE モデル をダウンロード、または『ISO224』のEVM(評価モジュール) を使うことで、『ISO224』を迅速に評価できます。

パッケージ、供給と価格について
『ISO224』の量産サンプルはTI store から供給中です。 『ISO224』 は5.85mm×7.5mm の8ピンSOICパッケージで供給されます。単価(参考価格)は6.49ドルから設定されています。

業界をリードするTIの絶縁アンプ製品
『ISO224』は、各種高電圧システムの動作寿命の延長に役立つ、TIの低消費電力強化絶縁アンプ製品ポートフォリオに追加されます。品質、信頼性や、VDE、 CSAや ULなどの各種認証に関しては、絶縁アンプの概要 (英文)をご覧ください。業界最高の絶縁定格や、最高の寿命信頼性を可能にするTIの絶縁テクノロジの情報については、こちらをご覧ください。

TIの強化絶縁アンプに関する情報
·『ISO224』のデータシートをダウンロード
·「『ISO224』フェイル・セーフ・モード」アプリケーション・ノート(英語)を参照して、システム・レベルの診断機能を簡素化
·「電圧計測用、±12V入力、次世代強化絶縁アンプ 『ISO224』」アプリケーション資料(英語)で、デバイスの特長と機能を参照
·絶縁機能についてのTI Precision Labs トレーニング・ビデオ・シリーズ を閲覧

※TINA-TIは、Texas Instruments Incorporatedの商標です。すべての登録商標および商標はそれぞれの所有者に帰属します。