富士エレクトロニクス株式会社

メーカーニュース

日本TI、実装面積に制約を持つ車載アプリケーション設計の 簡素化に役立つ、高い堅牢性、信頼性を提供する 100BASE-T1 Ethernet PHY製品を発表

2018年05月08日

車載ネットワーク設計に、より多くの機能や知的機能を実装するために役立つ、 SGMIIをサポートする100MbpsシングルペアEthernet PHY新製品

SCJ-18-010
2018年5月8日

日本テキサス・インスツルメンツは、外付け部品点数と基板実装面積を半減すると同時に、最大で競合ソリューションの半分の消費電力で動作する車載向けギガビット・Ethernet PHY(フィジカル・レイヤ)トランシーバ製品を発表しました。新製品の『DP83TC811S-Q1』デバイスは、SGMII(シリアル・ギガビット・メディア・インディペンデント・インターフェイス)のサポート、小型パッケージ、自己診断機能の内蔵などの特長を備え、実装面積に制約を持つオートモーティブのボディ・エレクトロニクス、インフォテインメントやクラスター、ADAS(先進運転支援システム)などのアプリケーションに、Ethernetコネクティビティを通じた、より高度な知的機能の実装を可能にします。製品の詳細に関してはhttp://www.tij.co.jp/DP83TC811S-Q1-pr-jpからご覧ください。

『DP83TC811S-Q1』Ethernet PHY製品はSGMIIをサポートする初のデバイスであり、複数のスイッチやインターフェイスへの接続が可能なことで、設計の柔軟性を向上します。『DP83TC811S-Q1』製品は、MII(メディア・インディペンデント・インターフェイス)をフルレンジでサポートすることから、多様なMAC(メディア・アクセス・コントローラ)製品や、TIの Jacinto™ オートモーティブ・プロセッサをはじめとした各種プロセッサ製品にEthernetコネクティビティを実装できます。また『DP83TC811S-Q1』製品は、システムのモニタのほか、ケーブルの切断、温度や電圧の変化、ESD(静電気放電)などの異常イベントの検出に役立つDiagnostic Toolkit(診断ツールキット)も提供します。このツールキットには特許申請中のESD モニタも含まれます。

『DP83TC811S-Q1』 Ethernet PHY製品の特長と利点
より小型、軽量のソリューションを提供: 6mm×6mmのウェッタブル・フランク・パッケージで供給される『DP83TC811S-Q1』は、外付け部品点数を削減するとともに、ソリューション・サイズを半減。さらに、このデバイスはIEEE 802.3bw標準規格とOPEN Allianceの認定要件に準拠しており、シールドなしの1組のツイストペア銅ケーブルでの接続が可能で、ケーブルの全体的な重量とコストを削減

業界最小の消費電力: TIの低消費電力プロセス・テクノロジの一つで開発された『DP83TC811S-Q1』は、消費電力が小さいため、熱放散が最小限に抑えられ、部品をより近くに配置することが可能。また、スタンバイ、ディスエーブル、ウェイク・オンLAN(ローカル・エリア・ネットワーク)などの省電力機能も搭載

堅牢、かつ知的な設計: 『DP83TC811S-Q1』に内蔵された診断ツールキットはケーブル診断、温度及び電圧のセンサやESDモニタが搭載されており、ESDや電圧などの異常イベントに対する耐久設計が可能。複数の診断機能によってEthernetリンクの完全性を連続モニタすることが可能。また8kVのESD保護機能を提供することから、高電圧フォールトからデバイスの保護を実現

レイアウトの簡素化、柔軟な設計、高性能を提供: RGMII(リデュースド・ギガビット・メディア・インディペンデント・インターフェイス)には12本のピンが必要であるのに対し、SGMIIは4ピンのみで動作することから、基板実装面積を縮小、プリント配線本数を削減し、プリント基板レイアウトを簡素化。さらに、PMD(フィジカル・メディア・ディペンデント)フィルタ、MII直列ターミネータ、PMDターミネーションや電源フィルタ部品を集積していることから、外付けのディスクリート回路を削減でき、他の追加機能のための実装面積を提供。『DP83TC811S-Q1』 のレイテンシは140 nsと小さく、オートモーティブADASをはじめとした、より高速の応答と通信が必要なレイテンシ特性重視のシステムに対応

設計の迅速化に役立つ評価ツールとサポート
TIでは、『DP83TC811S-Q1』デバイスとSGMIIサポートの素早い評価に役立つ『DP83TC811SEVM』 評価モジュールを供給中です。またRGMIIのみが必要なお客様向けには、『DP83TC811EVM』 評価モジュールも供給中です。これらの製品は TI store や販売特約店から単価(参考価格)299ドルで供給中です。システム設計の迅速な開始に役立つ車載向けスタンドアロン・ゲートウェイ・リファレンス・デザイン (英語)と高コスト効率、車内インフォテインメント・システム・リファレンス・デザイン(英語)もダウンロードできます。

パッケージ、供給と価格について
『DP83TC811S-Q1』TI store や販売特約店から、36ピン・ウェッタブル・フランクVPFNPパッケージで供給中です。1,000個受注時の単価(参考価格)は2.98ドルより設定されています。

TIの Ethernet PHYデバイスに関する情報
『DP83TC811S-Q1』 データシートをダウンロード
・ブログ記事「車載向けEthernet標準規格の重要性」ブログ記事を参照
・ホワイトペーパー「車載向けネットワークを進化させる100BASE-T1 Ethernet」(英語)を参照
・診断ツールキットのビデオを閲覧
・『DP83TC811S-Q1』デバイスの技術資料 で特長や機能を参照
・産業用、テレコミュニケーション、車載などのアプリケーション向けのTIのEthernet デバイスを参照

※JacintoはTexas Instruments の商標です。その他、すべての商標および登録商標はそれぞれの所有者に帰属します。

 

◆製品販売・サンプルに関するお問い合わせは、下記よりお願いいたします。
お問い合わせはこちら