メーカーニュース

日本TI、車載LED照明設計に柔軟性を提供する 新型コントローラ製品を発表

2017年12月01日

外付けMOSFETとコントローラを選択できることで、 車載LED照明システム向けに、より高い電力、信頼性、低損失を提供

SCJ-17-027
2017年 12月1日

日本テキサス・インスツルメンツは、MOSFETを内蔵せず、車載照明システムの設計により高い柔軟性を提供する、初の車載用3チャネルのハイサイド・リニアLEDコントローラ製品を発表しました。新製品の『TPS92830-Q1』LEDコントローラは、従来のLEDコントローラ製品よりも高い出力電力と低い電力損失を可能にするアーキテクチャを採用、特に高性能と高信頼性を必要とする車載照明アプリケーション向けに、大きな利点を提供します。製品の詳細に関しては、http://www.tij.co.jp/TPS92830Q1-pr-jpをご覧ください。

従来のLEDドライバ製品は、MOSFETを集積していたため、各機能のカスタマイズが制約されることがありました。設計者が、この種のドライバ製品を使用する場合には、目標とするシステム性能を実現するために、大幅な設計変更を余儀なくされることもありました。『TPS92830-Q1』 LEDコントローラは複数の柔軟な機能を内蔵していることから、システム要件に見合う最適なMOSFETを自由に選択できます。この新しい手法によって、設計者は、システム要件や必要な調光機能に対して、車載向け照明の電源設計をより素早く、効率的に最適化できます。

特長と利点
・高い柔軟性: オンチップのPWM(パルス幅変調)発生回路や、外部PWM入力によって、柔軟な調光制御が可能。設計者はアナログ制御またはPWMを使って、1チャネルあたり150mA以上の出力電流を管理し、自動車のリア・コンビネーション・ランプや昼間点灯の駆動が可能

・発熱特性を向上: 『TPS92830-Q1』は、LEDコントローラの1つのチャネルに 1本の外付けMOSFETをペアで使うことで、設計に必要な高出力電力を得ながら、電力をそれぞれのチャネルのMOSFETに分散することで、システムの過熱を防止。『TPS92830-Q1』はリニア・アーキテクチャを保持しながら、EMI(電磁干渉)とEMC(電磁適合性)の性能を
向上

・システムの信頼性を向上: 先進の保護機能と、オープン/ショート検出機能を内蔵していることで、 OEM各社のシステム信頼性要件への適合が可能。出力電流の低減機能によって、高電圧状態の外付けMOSFETを保護し、システムの信頼性を確保

『TPS92830-Q1』はLEDドライバ製品、設計ツール群や技術リソースなどで構成され、革新的な車載照明機能の実装に役立つ、TIの幅広い製品ポートフォリオを拡張する新製品です。

評価ツールとサポート
サポート・ツールとして『TPS92830-Q1 3チャネル高電流リニアLEDコントローラ』 評価モジュールを供給中です。『TPS92830-Q1』を搭載した車載用照明システムの迅速な開発に役立つLED過熱保護機能内蔵、EMC準拠の車載用昼間点灯とポジション・ランプのリファレンス・デザインも提供中です。

供給、パッケージと価格について
『TPS92830-Q1』はTI storeと販売特約店から供給中です。パッケージはTSOPで、1,000個受注時の単価(参考価格)は1.96ドルです。

TIの照明向け製品に関する情報
Power House ブログ記事“車載照明向けの賢い製品選択”(英語)を参照
『TPS92830-Q1』コントローラ用MOSFETの選択方法” アプリケーション・ノート
(英語)を参照

 

◆製品販売・サンプルに関するお問い合わせは、下記よりお願いいたします。
お問い合わせはこちら