メーカーニュース

TI、超小型ディスプレイ・アプリケーションの設計を簡単にする 新小型フォームファクタの0.2” DLP2000チップセットと 99ドルのEVMを発表

2017年08月03日

DLP Picoディスプレイ・テクノロジを搭載する製品向けに最も手頃な開発手段を提供

SCJ-17-019
2017年8月3日

TI は、高性能のDLPディスプレイ・テクノロジを低価格プロセッサで実装可能にする、新しい0.2” DLP2000チップセットと、単価(参考価格)99ドルのDLP® LightCrafter™ Display 2000 EVM(評価モジュール)を発表しました。このチップセットとEVMは、モバイル・スマートTV、ピコ・プロジェクタ、デジタル・サイネージ、スマート・ホーム向けプロジェクション・ディスプレイ、スマートフォンやタブレット、制御パネルやIoTのディスプレイ・ソリューションをはじめとした、各種のフリー・フォーム・ディスプレイ・アプリケーション向けに、DLPテクノロジをより低価格で活用するともに、オンデマンドの製品設計を可能にします。製品の詳細に関してはこちらをご覧ください。

製品開発者はDLP LightCrafter Display 2000 EVMを使うことで、DLPテクノロジを搭載した製品をより簡単に設計できるようになります。このEVMは、デュアル・コネクタを搭載し、BeagleBone Black 開発ボードをはじめとした、最大24ビットのRGBに対応する柔軟なGPIO(汎用入出力)駆動のビデオ・インターフェイスを備えた多様なプロセッサをサポートするほか、プログラミングを簡単にするソフトウェア・ドライバ群やBeagleBone Black向けのコード例 も付属しています。これによって、開発者は高性能のDLP Pico™ ディスプレイを新しいアプリケーションへ実装しやすくなります。

DLP2000チップセットとEVMの特長と利点
業界で最も手頃なピコ・ディスプレイ・ソリューション:この99ドルの EVMは開発のしやすさに配慮し、低価格プロセッサ製品とペアにしてディスプレイ・アプリケーションを実装するためのビルディング・ブロックとして設計
ディスプレイに無限の可能性を提供: 小型で、実装面積に制約を持つディスプレイ・アプリケーション向けに設計された対角線0.2”のディスプレイは、DLP Products最小のDMD(デジタル・マイクロミラー・デバイス)製品
使いやすいソリューション: 新しいEVMは標準的なインターフェイスとプラグ・アンド・プレイ機能を提供、迅速な評価が可能。ディスプレイ・コントローラからの信号を24ビットRGB互換の幅広いプロセッサ製品に接続可能で、HD(高品位)のアスペクト比のソリューションを提供
低価格プロセッサ製品との間に互換性を提供: 付属のソフトウェア・ドライバ群とBeagleBone Black向けのコード例によって、プログラミング作業を簡素化

価格と供給について
DLP2000は単価(参考価格)19.99ドル、DLP LightCrafter Display 2000 EVMは同99ドルで、TI store や販売特約店から供給中です。詳細に関してはこちらをご覧ください。また迅速な製品開発に関してはDLP LightCrafter Display 2000 out-of-the-box デモをご覧ください。

DLP Picoディスプレイ・テクノロジに関する情報
DLP2000 チップセットのデータシート をダウンロード
・「Pico チップセットはじめに」のページを参照
・DLP2000 チップセットのビデオを参照
・DLP2000 リファレンス・デザイン をダウンロード

DLP®テクノロジについて
1996年以来、数々の受賞歴を誇るテキサス・インスツルメンツのDLP®テクノロジは、インテリジェントなディスプレイ技術を含め、世界をリードする、さまざまなディスプレイ機器に採用されており、広範な用途において、色彩、コントラスト、明瞭度、輝度の面で優れた特性を持つ高精細な画像を提供してきました。DLPのインテリジェントなディスプレイ機能は、産業、車載、医療、およびコンシューマ・マーケットなどの分野で広範なアプリケーションへの利用を可能にします。DLPテクノロジ採用のアプリケーションは、デジタル・シネマ用映写機(DLP Cinema®)や、大規模ホール、会議室、教室、ホームシアターなどの施設で使われる大型ディスプレイ機器から、手のひらに乗るサイズのDLP Pico®搭載モバイル機器にまで広がっています。すべてのDLPチップには、毎秒1万回ものスイッチングを行う極小ミラーが敷き詰められています。この高速スイッチング・スピードの利点により、DLPは今までにない新たなアプリケーションを実現します。

DLPテクノロジに関する情報は、ホームページ(http://www.dlp.com/jp )およびツイッター(www.Twitter.com/TI_DLP )でも発信しています。

※DLPおよびDLP CinemaはTexas Instrumentsの登録商標です。DLP Picoおよび LightCrafterはTexas Instrumentsの商標です。その他すべての商標および登録商標はそれぞれの所有者に帰属します。

※本資料は8月2日に米国で発表したニュースリリースを記者の皆様のご参考のために翻訳した資料です。内容については英文ニュースリリースが優先することをご了承ください。

 

◆製品販売・サンプルに関するお問い合わせは、下記よりお願いいたします。
お問い合わせはこちら