メーカーニュース

テキサス・インスツルメンツ・インコーポレイテッド 2017年度 第2四半期決算概要

2017年07月31日

CORPPR-17-005
2017年7月26日(米国時間2017年7月25日)抄訳

テキサス・インスツルメンツ(本社:米国テキサス州ダラス、会長、社長 兼CEO:リッチ・テンプルトン、略称:TI)は25日、2017年度第2四半期の業績を発表しました。主な内容は次の通りです。

TIの2017年度第2四半期売上高は、前年同期比で13パーセント増の3, 693百万ドルとなりました。車載市場におけるTI製品の需要は引き続き高く、産業機器市場でも需要は増え続けています。

TIの中核事業であるアナログ製品の売上高は、前年同期比で18パーセント増、同じく組込みプロセッシング製品は15パーセント増となりました。両事業部門の営業利益率は上昇しました。

粗利益率は、優れた製品ポートフォリオおよびアナログ製品における300ミリウエハによる製造を含む効率的な製造戦略により64.3パーセントとなりました。

2017年度第3四半期の売上高は、3,740百万ドルから4, 060百万ドルの範囲を見込んでいます。

業績要約

2017年度 第2四半期 2016年度 第2四半期 増減
売上高 3,693百万ドル 3,273百万ドル 13%
営業利益 1,480百万ドル 1,131百万ドル 31%
税引後純利益 1,056百万ドル 819百万ドル 29%
1株当り利益 1.03ドル 0.79ドル 30%

 

2017年度2四半期部門別売上

2017年度 第2四半期 2016年度 第2四半期 増減
アナログ 2,411百万ドル 2,044百万ドル 18%
組込みプロセッシング 868百万ドル 755百万ドル 15%
その他 414百万ドル 474百万ドル -13%

対前年同期比:
アナログ:(電源IC製品、シグナルチェーン製品、汎用アナログ製品を含む)
売上高は、主に電源IC製品およびシグナルチェーン製品のそれぞれがほぼ同額の売上増となり、増加となりました。汎用アナログ製品の売上も増加しました。
営業利益は、主に売上増および粗利益増により増加となりました。

組込みプロセッシング(コネクテッド・マイコン製品、プロセッサ製品を含む)
売上高は、両事業部でほぼ同額の増加となりました。
営業利益は、主に売上増および粗利益増により増加となりました。

その他(DLP®製品、カスタムASIC製品、グラフ電卓を含む)
売上高は、6,000万ドル減、営業利益は2,600万ドル減となりました。

英文のニュース・リリース(全文)については、TIのホームページ(http://www.ti.com)(http://newscenter.ti.com)  (http://www.ti.com/ir) からご覧いただけます。

◆製品販売・サンプルに関するお問い合わせは、下記よりお願いいたします。
お問い合わせはこちら