富士エレクトロニクス株式会社

メーカーニュース

NINA-B2(デュアルモードBluetoothモジュール)を発表!! NINAシリーズに、また仲間が加わりました。

2018年04月20日

u-blox は、新しいNINA-B2デュアルモードBluetooth(R)4.2スタンドアロン・モジュールを発表しました。このモジュールは、組み込みのセキュア・ブートと広い温度範囲により、産業用IoTアプリケーションに最適です。NINA-B2は、ビーコン、GATTクライアント、GATTサーバーなど、多数の一般的なユースケースをサポートするu-blox接続ソフトウェアが予めフラッシュに書き込まれており、シリアル・ポートの搭載により、UART経由でATコマンドを使用して簡単に構成できます。Bluetoothプロトコルに関する詳細な知識は不要です。世界中でテスト済み、認証取得済みで開発コストの削減と市場投入までの期間短縮も可能です。


NINA-B2

 NINA-B2の組み込みセキュア・ブートは、ソフトウェアがユーブロックスによって認証されており、改ざんされていないことを保証します。これにより、Bluetoothモジュールのセキュアな動作環境を提供します。
「IoT化が進み、Bluetoothは主要なワイヤレス技術なので、セキュリティと下位互換性は依然として重要な課題です」と、ユーブロックスの近距離無線プロダクト・センター、シニア・プロダクト・マーケティング・マネージャーのStefan Berggrenは語っています。「NINA-B2は、ユニークなセキュア・ブートの動作環境によって、トップ・グレードのセキュリティを提供します。デュアルモードBluetooth機能を搭載しているため、Bluetooth Low Energy接続とBluetooth BR/EDR接続の同時管理が可能で、レガシー・デバイスの接続に最適です。」
NINA-B2は、10×10.6×2.2mm(アンテナを含まず)、アンテナを含めても10x14x3.8mmと非常にコンパクトです。このサイズのBluetoothモジュールのほとんどは、Bluetooth Low EnergyまたはBluetooth BR/EDRのシングルモード・デバイスです。NINA-B2はあらゆるIoTデバイスにフィットしやすいサイズです。また、u-blox NINA製品群とのピン互換により、Bluetooth Low EnergyやWi-Fiなど、無線技術の異なる他のNINAモジュールとの交換が容易です。

機械制御装置、産業用端末やリモート・コントロール用製品などの産業オートメーションはもとより、ワイヤレス接続型コンフィギュラブル・デバイス、POS、テレマティクス、医療機器などのアプリケーションにも適しています。

NINA-B2は2018年夏に製造開始を予定しています。

評価サンプル、お見積り、技術的フォロー等のお問い合わせなどはこちらよりお申し込みください。