富士エレクトロニクス株式会社

メーカーニュース

Authenticity(信頼性)とは?

2018年03月22日

Authenticity(信頼性)とは?

半導体製品においての”Authenticity”(信頼性)は、オリジナルメーカー(OCM)、または権利保有者がその製品を製造したことを示すものです。

 ・通常パッケージ及び/又は、ダイの上の特性で特定。
 ・プロセッサやその他複雑なデバイスにおいては、ソフトウェアにより特定。
 ・多くの場合、オリジナルメーカー(OCM)によって「特定」される。

しかし、Authenticityがオリジナルメーカーによって製造された製品であることを特定できても、その製品が、中古品であるか、取扱い方法または、トレーサビリティ、保証及び品質などを示すものではありません。

半導体製品のトレーサビリティは、各オリジナルメーカーによって異なるフォームのため、基準がありません。

 ・基準がないということは、偽造品の増加の可能性を高めるかもしれません。
 ・1980年代〜90年代の商用製品はトレーサビリティに関する情報がない可能性もありますが、認定されたアフターマーケットではまだ取り扱われています。
 ・商用のトレーサビリティは、一度認定チャンネルから離れてしまうと、製品の取扱い方法や保管方法(特にPEMsなどのプラスティック)は示しておらず、オリジナルメーカー(OCM)のチャネルも未監査となります。

半導体製品の偽造品防止対策についての記事はこちらから

オリジナルメーカーに認定された製品:製品履歴・製品保証

ロチェスターエレクトロニクスは、オリジナルメーカー認定のもと、アフターマーケット後の製造や、製造中止品の継続供給をサポートしています。

品質についての記事はこちらから

 
 
ロチェスター社の会社概要はコチラ
https://www.fujiele.co.jp/semiconductor/rochester/