確認用

沿革(確認用)

沿革

1970~ 1970年(昭和45年) 東京都文京区春日1丁目2番7号に富士エレクトロニクス株式会社の商号で資本金200万円で設立。
半導体製品を主体とする電子部品、電子機器の販売を開始する。
1971年(昭和46年) 米国モトローラ社の半導体・集積回路製品の販売を開始する。
米国テキサス・インスツルメンツ社製品の販売を開始する。
演算増幅器・A/D・D/A変換器などの専門メーカーである米国アナログ・デバイセズ社の販売代理店となる。
1973年(昭和48年) 東京都文京区本郷に御茶ノ水オフィスを開設し、海外製品直輸入取扱を拡大。
大阪営業所を開設し、関西地区の販売を開始。
1975年(昭和50年) 日本モトローラ株式会社(現モトローラ株式会社)の販売代理店となる。
1978年(昭和53年) 資本金を1,600万円に増資。
1979年(昭和54年) ナショナル・セミコンダクター社の販売代理店となる。
1980~ 1980年(昭和55年) 情報収集および輸出入業務のため、子会社米国法人フジ・エレクトロニクス・アメリカ・インクをカリフォルニア州に設立。
1981年(昭和56年) 三菱電機株式会社と直販売店契約を締結し、半導体、CPU,メモリー、パワーモジュール、スタック、サイリスタ、SSリレー、基板コンピュータの国内販売を開始。
資本金を3,200万円に増資。
1982年(昭和57年) 長野営業所(現諏訪営業所)を開設。
三菱電機株式会社の東京地区半導体特約店となる。
三菱電機株式会社の関西地区直販売店となる。
1983年(昭和58年) 西東京営業所(現立川営業所)を開設。
資本金を9,600万円に増資。
1984年(昭和59年) 東南アジアの拠点として、香港に子会社富士半導体有限公司を設立。
東京都文京区本郷3丁目2番12号に本社移転。
横浜営業所を開設。
名古屋営業所を開設。
資本金を2億8,800万円に増資。
1989年(平成元年) サイプレス・セミコンダクター・コーポレーションの販売代理店となる。
1990~ 1990年(平成2年) 日本テキサス・インスツルメンツ株式会社の特約店となる。
上田営業所を開設。
株式店頭公開。資本金を16億3,700万円に増資。
厚木営業所を開設。
1992年(平成4年) 大宮営業所を開設。
1994年(平成6年) 米国ハネウェル社の販売代理店となる。
厚木営業所を横浜営業所に統合、同時に横浜市港北区に移転開設する。
アスキー三井物産セミコンダクター株式会社より電子デバイス部門の営業を譲り受ける。
1995年(平成7年) シンガポールに子会社フジ・セミコンダクター・シンガポールPTE
LTDを設立。
川崎製鉄株式会社の販売代理店となる。
1997年(平成9年) イリノイ・スーパーコンダクター社の日本総代理店となる。
東京電子販売株式会社に資本参加する。
トライクイント社の販売代理店となる。
1998年(平成10年) 台湾プロマックス・ジョントン社の販売代理店となる。
日本ロビンソン・ヌージェントの販売代理店となる。
米イノベーティブ・インテグレーション社の日本総代理店となる。
米コイルクラフト社の販売代理店となる。
1999年(平成11年) 米QTオプトエレクトロニクス社の販売代理店となる。
クレストロニクス株式会社を子会社とする。
2000~ 2000年(平成12年) マイクロン・テクノロジー社の販売代理店となる。
グローバル・トレード株式会社に出資し、インターネットビジネスへの進出を図る。
日本アルプス電子株式会社に資本参加する。
福岡営業所を開設。
米国クリア・ロジック社の販売代理店となる。
2001年(平成13年) 東京証券取引所市場第二部上場。
米国ザイコー社の販売代理店となる。
米国RFSolutions社の日本総代理店となる。
2002年(平成14年) 米国アルファライト社の販売代理店となる。
三菱電機株式会社電子デバイス事業部の特約店となる。
米国ストラトス・ライトウェーブ社製品の取扱開始。
台湾パンジット社製品の取扱開始。
ISO14001の認証取得(本社)。
2003年(平成15年) 東京電子販売株式会社を連結子会社とする。
東京証券取引所市場第一部に指定される。
カナダPMCシエラ社の販売代理店となる。
台湾サンプラス社の販売代理店となる。
ソニー株式会社の「グリーンパートナー」に認定される。
株式会社エヌ・ディー・アールに資本参加する。
2004年(平成16年) 上海に子会社富際電子貿易(上海)有限公司を設立する。
2005年(平成17年) 米国サイペックス社の販売代理店となる。
米国 StarGen 社の販売代理店となる。
2006年(平成18年) 米国 Silicon Storage Technology 社の販売代理店となる。
米国 Lattice semiconductor 社の販売代理店となる。
2007年(平成19年) ISO9001の認証取得(全社)。
米国 Avago technology 社の販売代理店となる。
神商電子部品株式会社を連結子会社とする。
フェアチャイルド・シンショウ・セミコン株式会社を連結子会社とする。
2009年(平成21年) 連結子会社のグローバル・トレード株式会社および神商電子部品株式会社を親会社に統合。
米国TEXAS ADVANCED OPTOELECTRONIC SOLUTIONS社の代理店となる。
2010~ 2010年(平成22年) 米国APPLIED OPTOELECTRONICS社の代理店となる。
米国CREE社のパワー半導体の代理店となる。
2011年(平成23年) ドイツ インフィニオンテクノロジーズ社の代理店となる。
連結子会社のフェアチャイルド・シンショウ・セミコン株式会社を親会社に統合。
米国フェアチャイルドセミコンダクター社の代理店となる。
2012年(平成24年) 仙台営業所を開設。
京都営業所を開設。
広島営業所を開設。
タイに子会社 富士セミコンダクター(タイ)株式会社 を設立。
連結子会社の株式会社スリーシステムを親会社に統合。
2013年(平成25年) スイス ユーブロックス社の販売代理店となる。
ドイツ フェニックスコンタクト社の代理店となる。
2014年(平成26年) 米国 IDT社の販売代理店となる。
2015年(平成27年) 株式会社マクニカと経営統合し、共同持株会社「マクニカ・富士エ レ ホールディングス株式会社」を設立。