富士エレクトロニクス株式会社

アンテナ内蔵型GNSSレシーバー発表(組み込み設計を容易化 )

アンテナ内蔵型GNSSレシーバー発表(組み込み設計を容易化 )

2016年12月06日

ユーブロックス、アンテナ内蔵型GNSSレシーバーで組み込み設計を容易化


SAM-M8Q

RFアンテナ設計の経験が限られているGNSSアプリケーションのシステム開発者向け超小型モジュールで市場投入までの期間を短縮

アンテナ内蔵型SAM-M8QGNSSレシーバー を発表しました。15.5×15.5×6.3mmの小型パッケージに収められたモジュールは、資産追跡システムやテレマティクス・システム、自動車のアフターマーケット向け汎用アプリケーションなど、位置情報を必要とする小型デバイスに簡単に組み込むことができます。
SAM-M8Qレシーバーは、内蔵の広帯域アンテナとモジュールのSAWフィルターおよび低雑音増幅器(LNA)アーキテクチャを組み合わせることで、セルラー・モデムなど、干渉を引き起こしやすい他の電子機器からの高周波信号が存在する場合でも、強力なパフォーマンスを発揮します。最新のu-blox M8マルチGNSSレシーバー技術の応用により、GPS、GLONASSおよびGalileo衛星信号の同時受信が可能です。

ユーブロックスの測位製品プロダクト・マネージメント部長、Kim Kaistiは次のように語っています。「SAM-M8Qは、RFアンテナ設計の経験が少ないお客様向けです。」さらに、「内蔵アンテナを必要とし、表面実装パッケージにより最終製品の組み立てと設置が容易になるアプリケーションに狙いを定めています」とも語っています。

SAM-M8Qのサンプル出荷は2017年1月中旬を予定しています。同モジュールのフル生産は2017年2月中旬を予定しています。

原文

評価サンプル、お見積り、技術的フォロー等のお問い合わせなどはこちらよりお申し込みください