メーカーニュース

日本TI、ホームシアター、業務用や教育用のより低価格の大スクリーン・プロジェクタを可能にするDLP 0.67インチ4K UHDチップセットを発表

2016年01月08日

高速と高性能を同時に提供するDLPテクノロジーが、高精度でシャープな4K UHDディスプレイ製品を実現

2016年01月07日

SCJ-16-001                                                                                              
2016年1月7日

日本テキサス・インスルメンツは、ホームシアター、業務用や教育用のプロジェクション・ディスプレイ向けに、0.67インチ4K UHDチップセットを発表しました。デジタル・シネマを上映する全世界の映画館の8割以上での採用実績を持つDLP Cinema® テクノロジーをベースとしたDLP 4K UHDチップセットは、DMD(デジタル・マイクロミラー・デバイス)の高速スイッチング動作と、先進のイメージ・プロセシング機能を組み合わせたものです。このTI DLPプロダクツの最新のワンチップ・プロジェクタ・アーキテクチャ製品は、より低価格で高解像度、かつ高輝度のソリューションを可能にすることから、メーカー各社は4K UHDプロジェクション・ディスプレイ製品を、より広い用途に拡張できます。DLP 4K UHDチップセットの詳細はこちらよりご覧いただけます。

このDLP 4K UHD ソリューションは先進のイメージ・プロセシング機能を内蔵した高速チップを使用していることから、400万枚の微小ミラーで、スクリーン上に800万ピクセルを投射できます。個々のミラーは、1秒間に9,000回以上のスイッチング動作が可能で、毎フレームに2個の別個、分離したピクセルをスクリーン上に投射し、4K UHDのフル解像度を提供します。

テキサス・インスツルメンツは1月6日からラスベガスで開催中のCES2016で4K UHDチップセットのデモンストレーションを実施しています。

 

 

DLP 4K UHD ソリューションの特長と利点
4K UHD イメージを提供する高性能チップ: 高速スイッチング動作のDMD によって、個々のミラーは毎フレームに2個の別個、分離したピクセルを投射可能で、にじみを低減し、フル解像度を提供。アライメント調整を必要としないワンチップDLPシステムによって、各色間のにじみなしで、コンテンツの色彩の完全さを保持

4K UHDを低価格で提供: DLP 0.65インチ1080pと同様に小型の0.67インチDMD によって、顧客各社はホームシアターから会議室や教室まで、幅広い用途向けに、より低価格の4K UHDソリューションを供給可能

・強力なANSIコントラスト: DLPテクノロジーの高いANSIコントラストが、4K UHDコンテンツの精細なディテールを再生、素晴らしい視聴体験を提供

・先進のイメージ・プロセシング: TI DLP プロダクツの占有のアルゴリズム群が、尖鋭で高品質のイメージを、鮮明でシャープな線やディテールで提供

・高い柔軟性のソリューション: このDLPチップは、ランプ、LEDやレーザーなど複数の光源で使用可能なことから、メーカー各社は、多様なアプリケーション向けの独自のソリューションを構築できる柔軟性を提供

TI DLPプロダクツのビジネス・マネージャであるデーブ・ダンカン(Dave Duncan)は次のように述べています。「コンテンツのすべてのディテールが正確に表示される時にこそ、4K UHD が真に実現します。この新しいソリューションは、当社の先行の1080pチップとおおよそ同じサイズで、顧客各社に4K UHDディスプレイ・チップを組み込む能力を提供することで、業界の様相を変化させていくことでしょう」

Optoma Technologyの社長であるロバート・スタージング氏(Robert Sterzing)は次のように述べています。「当社では、高い多用性を備えたTIの4K UHD チップセットを使うことで、幅広いアプリケーション向けの高品質の4K UHD製品を開発できます。この4K UHD製品によって、より多くの人々が4K UHDプロジェクション・システムを楽しむことができるようになります」

 

 

供給について
DLP 4K UHD チップ・ソリューションは、2016年春に供給の予定の予定です。

製品の詳細や、供給時期の通知の申し込みに関してはこちらをご覧ください。

 

 

DLP 4K UHDに関する情報
・DLP 4K UHD ソリューションの、そのほかの特長と利点を参照
・DLP 4K UHD ソリューションのビデオを参照

 

 

※DLPおよびDLP CinemaはTexas Instrumentsの登録商標です。

DLP PicoはTexas Instrumentsの商標です。その他すべての商標はそれぞれの所有者に帰属します。

 

RSS配信について
日本TIでは、製品・技術に関するニュースリリースをRSS配信しています。

以下のページにある「RSS配信」のコーナーで「日本TIニュースリリース」をクリックしてください。http://focus.tij.co.jp/jp/general/docs/rss.tsp

 

DLP®テクノロジーについて
1996年以来、テキサス・インスツルメンツのDLP®テクノロジーは、インテリジェントなディスプレイ技術を含め、世界をリードする、さまざまなディスプレイ機器に採用されており、広範な用途において、色彩、コントラスト、明瞭度、輝度の面で優れた特性を持つ高精細な画像を提供してきました。DLPのインテリジェントなディスプレイ機能は、工業製品を含む、車載、医療、コンシューマ・マーケットなどの分野で広範なアプリケーションへの利用を可能にします。DLPテクノロジー採用のアプリケーションは、デジタル・シネマ用映写機(DLP Cinema®)や、大規模ホール、会議室、教室、ホームシアターなどの施設で使われる大型ディスプレイ機器から、手のひらに乗るサイズのDLP Pico®搭載モバイル機器にまで広がっています。すべてのDLPチップには、毎秒1万回ものスイッチングを行う極小ミラーが敷き詰められています。この高速スイッチング・スピードの利点により、DLPは今までにない新たなアプリケーションを実現します。DLPテクノロジーに関する情報は、ホームページ(http://www.dlp.com/jp )およびツイッター(www.Twitter.com/TI_DLP )でも発信しています。