メーカーニュース

日本TI、1個のコイン電池で20kmの通信距離を実現、より低消費電力で最長距離の通信を可能にする新型Sub-1GHzソリューションを発表

2015年11月18日

IoT製品向けに、業界で最も低消費電力で高いRF性能を提供するTIのSimpleLink Sub-1GHzワイヤレス・マイコン

2015年11月18日

SCJ-15-060                                                                                              
2015年11月18日

日本テキサス・インスツルメンツは、超低消費電力で長距離無線通信をIoT製品に簡単に実装できる、SimpleLink™ 超低消費電力プラットフォーム、SimpleLink Sub-1GHz 『CC1310』 ワイヤレス・マイコン製品を発表しました。『CC1310』は、建物や工場のオートメーション、アラームやセキュリティ、スマート・グリッドやワイヤレス・センサ・ネットワークなどのアプリケーション向けに、最大20年の電池動作時間を提供します。製品の詳細に関しては、こちらをご覧ください。

日本TIは2015年11月18日(水)から20日(金)までパシフィコ横浜で開催される「Embedded Technology 2015」で、本『CC1310』評価モジュールを展示します。(TIブース:B-17)

 

超低消費電力、長距離通信アプリケーション向け『CC1310』ワイヤレス・マイコンの特長
・電池動作時間を延長: 超低消費電力の無線通信機能、ARM® Cortex®-M3 マイコン、センサ・コントローラ、複数のローパワー・モードや0.6 µAのスリープ電流のほか、 158という最高のULPBench™ スコアを実現

・より長い通信距離: 高感度と強力な共存性を提供、1個のコインセル電池で、建物全体から、市街地全体まで20kmを超える距離の通信が可能

・より高い集積度: 小さな基板実装面積と、ワンチップ、フラッシュ・ベースの4mm×4mmのQFNパッケージにより、指先の大きさのワイヤレス・マイコンが、コイン電池動作のアプリケーションに、より多くの可能性を提供

 

TIでは、複数のソフトウェア オプションを提供し、SimpleLink 『CC1310』ワイヤレス・マイコンを用いた製品開発を簡素化します。現在供給中のソフトウェアには、 EasyLinkTI RTOSを用いたwM-Bus プロトコル・スタックによるポイント・ツー・ポイントの通信例や、 Contiki 6LoWPAN メッシュ・ネットワーキング・スタックなどが含まれます。

また、TIでは設計プロセスの簡素化に役立つ開発ツール群リファレンス・デザインオンライン・トレーニング などのサポートを提供しています。

加えて、32kB、64kBや128kB のスケーラブルなフラッシュ・メモリ搭載製品も提供します。

 

 

価格と供給
TIでは、SimpleLink Sub-1GHz 『CC1310』ワイヤレス・マイコンを搭載した開発キットを、TI Storeおよび販売特約店 から供給中です。

『CC1310DK』: 包括的なSub-1GHzハードウェア、ソフトウェアやRF開発プラットフォームを単価(参考価格)299ドルで提供

『CC1310EMK』: 2個の『CC1310』評価モジュール、2個のアンテナと、スタート・ガイドを単価(参考価格)99ドルで提供

SimpleLink Sub-1GHz 『CC1310』 ワイヤレス・マイコンは、315 MHz、433 MHz、470 MHz、500 MHz、868 MHz、915 MHzや920 MHz の各ISM帯域向けの製品を提供、4mm×4mm、5mm×5mm、7mm×7mmの QFNパッケージで供給されます。

現在、868 MHz、915 MHzや920 MHz の各ISM 帯域向けの製品と、7mm×7mmのQFNパッケージ製品を、以下の価格で供給中です。
・『CC1310F32』: 1,000個受注時の単価(参考価格)2.80ドル
・『CC1310F64』: 同3.20ドル
・『CC1310F128』: 同3.60ドル

 

TI SimpleLink 超低消費電力プラットフォームに関する情報
・TIの 超低消費電力ワイヤレス・マイコンの利点を参照
・Sub-1GHz帯域 が長距離通信アプリケーションに最適な理由を、新しいホワイトペーパー で参照
ConnecTIng Wirelessly blog に加入して、TIのコネクティビティの最新情報を参照

 

 

TISimpleLinkワイヤレス・コネクティビティ・ポートフォリオについて 
幅広い組込み市場向けのワイヤレス・マイコン、ワイヤレス・ネットワーク・プロセッサ(WNPs)など、TIの超低消費電力ワイヤレス・コネクティビティ・ソリューションのSimpleLinkポートフォリオはIoT(モノのインターネット)への接続と開発を簡単にします。Bluetooth® Smart、 Wi-Fi®、Sub-1 GHz、 6LoWPAN、 ZigBee®など、14 ものワイヤレス・テクノロジーにより、SimpleLink製品はお客様のワイヤレス・ソリューション構築をサポートします。SimpleLink ソリューションの詳細についてはこちらをご参照ください。

 

 

Embedded Technology 2015に出展
日本TIは、11月18日(水)から20日(金)まで、パシフィコ横浜で開催される「Embedded Technology 2015」に出展いたします。TIブースでは、昨今大きな注目を集める IoT をテーマに、さまざまなセンサ製品や組込みおよび無線通信製品を中心にパートナー社も交えてデモや展示でご紹介します。TI が提供する便利なオンライン・サポートも実体験いただけるコーナーもご用意いたしました。また、カンファレンス会場では、TIの最新センサ・ソリューションおよびIoT 市場動向とTIの取り組みをテーマにした講演も行います。ぜひお越しください。ET展のご案内(TIブース:B-17)

 

 

 

 

※ SimpleLinkはTexas Instrumentsの商標です。その他すべての商標および登録商標はそれぞれの所有者に帰属します。