メーカーニュース

日本TI、業界最高のノイズ耐性で、初のIEC 61000-4-6 RFイミュニティ適合認証取得済ソリューションを提供する容量性タッチ・マイコン製品を発表

2015年11月17日

超低消費電力『MSP430』FRAMマイコン製品にCapTIvateテクノロジを統合、メタル・タッチ、最高分解能のスライダーや、3Dジェスチャを可能にするタッチ・センシングや近接センサ向けソリューションを提供

2015年11月16日

SCJ-15-059                                                                                              
2015年11月16日

日本テキサス・インスツルメンツは、CapTIvate™ テクノロジを搭載した超低消費電力の容量性タッチ・マイコン製品である、『MSP430™』 FRAMマイコンを発表しました。CapTIvate テクノロジを搭載した新製品の『MSP430FR2633』マイコンは、電子入退出管理システム、家電製品、パーソナル・エレクトロニクス製品、産業用制御パネルなど、ノイズへの対応を求められるアプリケーション向けに包括的なハードウェアとソフトウェアの機能を提供し、業界で最も高い信頼性を持ったシステムの実現を可能にします。

CapTIvate テクノロジを搭載した『MSP430FR2633』マイコン製品は、TIの超低消費電力16ビットFRAMマイコン製品ポートフォリオの新製品であり、容量性BSWP(ボタン、スライダー、ホイールや近接)センサを搭載したHMI(ヒューマン・マシン・インターフェイス)の開発をサポートし、様々な厚みのプラスチック、ガラスやメタル・オーバーレイを使ったマルチ・タッチ製品の設計も可能にします。 また、新しいCapTIvate Design Centerは、GUI(グラフィカル・ユーザー・インターフェイス)により各種センサシステムをドラッグ・アンド・ドロップで素早く構成でき、高性能を得るための調整が簡単にできるため、新たな製品の開発が迅速にできます。

日本TIは2015年11月18日(水)から20日(金)までパシフィコ横浜で開催される「Embedded Technology 2015」で、『MSP430FR2633』マイコンのデモを展示します。(TIブース:B-17)

 

 

差別化を実現するFRAM CapTIvate を搭載した超低消費電力マイコン
『MSP430FR2633』マイコンは、ウェイク・オン・タッチのハードウェアを内蔵しています。このため、CPUがシャットダウン中でも最大4個の電極をスキャンすることができ、スリープ・モード時には、ボタンあたり0.9μAと業界をリードする低い消費電流を実現し、1個のコイン・セル電池で最大15年もの動作が可能です。FRAM(強磁性体ランダム・アクセス・メモリ)は、より高い耐久性と、100倍高速の書き込み速度を備えた不揮発メモリであり、FRAM を内蔵した超低消費電力マイコンの製品ポートフォリオは、最も低い消費電力モードからの高速ウェイク・アップ機能を提供します。また、FRAMは、大きな基板面積を占めるバックアップ電池を不要とすることができ、電源回路が故障した時のボタン状態のセーブ/リストアのオプションも提供します。

CapTIvateテクノロジ内蔵の『MSP430FR2633』マイコン製品は、製品設計において高い柔軟性を提供します。入退出管理システムでは、ユーザーの入力のために、スクリーン照明や、多数のボタンで構成された大きなマトリクス用の近接センサが必要になります。近接センサでは、自己容量方式は、より高い感度を提供し、相互容量方式は低いクロストークで、多くのボタンが密集した配置を可能にします。

CapTIvateテクノロジは、自己容量方式と相互容量方式を同時にサポートする柔軟性を持つことから、システム・ソリューションの拡張に役立ちます。『MSP430FR2633』マイコンは、16ボタンの自己容量モードと、64ボタンの相互容量モードをサポートしています。

今回、『MSP430FR2633』マイコンで初めて開発された TIの新しいCapTIvateテクノロジは、専用の電圧レギュレータ、周波数ホッピング、ゼロクロス同期や複数の信号処理アルゴリズムをはじめとした、ノイズの多い動作環境で誤検知を防ぐ高度なハードウェアを内蔵しています。さらに、スペクトラム拡散のクロック動作も電磁輻射を低減し、システム回路へのノイズ混入を削減します。

 

CapTIvateテクノロジ内蔵の『MSP430FR2633』マイコン製品のその他の特長
・『MSP430FR2633』マイコン製品は、最大10Vrmsの伝導ノイズ耐性、最大4kVピークのESD(静電気放電)やEFT(電気的高速過渡現象)保護性能で、IEC-4-x の各標準規格要件に適合

・製品の寿命や消費電力を犠牲にすることなく、低消費電力のデータ・ロギング機能を備え、インテリジェンス機能を備えたHMIシステムを構築可能

・自己容量方式、相互容量方式や近接センサなどのソリューションの迅速な評価に役立つ包括的な『MSP430FR2633』マイコン開発キット を供給中。ノイズ耐性や湿気防止の評価に役立つ複数のリファレンス・デザインやコード例を提供、迅速な評価や、製品の市場投入期間の短縮が可能 

・ピエゾ、LRA(リニア共振バイブレータ)やERM(偏心モーター)などの幅広いアクチュエータで動作するTIのハプティクス・ソリューションが、リアルで一貫した触覚フィードバック効果を提供。『MSP430FR2633』マイコン開発キットとともに、触覚フィードバックのリファレンス・デザインを供給

 

価格と供給
現在、『MSP430FR2633』マイコンはサンプル供給中です。最大16KBのFRAMを内蔵し、幅広いパッケージ・サイズで供給される量産出荷製品は、2015年内に供給の予定です。これらのマイコン製品の1,000個受注時の単価(参考価格)は0.90ドルから設定されています。 迅速な製品開発開始に役立つ『MSP-CAPT-FR2633』 CapTIvate マイコン開発キットは、単価(参考価格)99ドルで供給されます。

 

TIの静電容量式タッチ・ソリューションに関する情報
CapTIvate テクノロジの詳細
概要ビデオ
ホワイトペーパー
・ハプティクス・ソリューションの詳細

 

TIマイコンを支えるイノベーション
TIは、業界をリードするプロセス技術、独自のシステム構成、IP、専門技術を生かし、20年以上にわたり、超低消費電力マイコン、リアルタイム・マイコンなどの革新的なマイコン製品を提供し続けています。超低消費電力、低消費電力性能、安全通信機能、リアルタイム・コントロール、制御、オートメーション、安全性能向けの充実したマイコン製品を取り揃え、デザイン・ネットワーク・パートナー各社のツール、ソフトウェアやワイヤレス・コネクティビティ・ソリューションおよび技術サポートで、顧客各社の製品の市場投入までの時間短縮に貢献します。

 

Embedded Technology 2015に出展
日本TIは、11月18日(水)から20日(金)まで、パシフィコ横浜で開催される「Embedded Technology 2015」に出展いたします。TIブースでは、昨今大きな注目を集める IoT をテーマに、さまざまなセンサ製品や組込みおよび無線通信製品を中心にパートナー社も交えてデモや展示でご紹介します。TI が提供する便利なオンライン・サポートも実体験いただけるコーナーもご用意いたしました。また、カンファレンス会場では、TIの最新センサ・ソリューションおよびIoT 市場動向とTIの取り組みをテーマにした講演も行います。ぜひお越しください。ET展のご案内(TIブース:B-17)

 

 

 

※CapTIvate およびMSP430はTexas Instruments Incorporatedの商標です。その他、すべての登録商標および商標は、それぞれの所有者に帰属します。