メーカーニュース

日本TI、最大限のシステム効率を提供する、業界初の 16チャネル内蔵医療用超音波AFE製品ファミリを発表

2015年11月12日

日本TI、最大限のシステム効率を提供する、業界初の 16チャネル内蔵医療用超音波AFE製品ファミリを発表

高い統合性によってシステムの消費電力、コストやサイズを最小限にしながら、高性能を提供

2015年11月11日

SCJ-15-062                                                                             
2015年11月11日
*本資料は11月5日に米国で発表したニュースリリースを記者の皆様のご参考のために翻訳した資料です。  内容については英文ニュースリリースが優先することをご了承ください。
 

常用の妊婦健診から、先進の心臓画像撮影まで、ヘルスケア用の画像診断機器は、より小型のポータブル機器である上に、より精密な画像が要求されるようになってきました。日本テキサス・インスツルメンツは、これらの需要に応えて、業界初の16チャネル内蔵超音波向けAFE(アナログ・フロント・エンド)製品ファミリである『AFE5818』と『AFE5816』を発表しました。これらの新しいAFE製品は、最小限の消費電力やシステム・コストで最大限の画像品質と性能を提供するための、数々の機能を統合しています。製品の詳細に関してはhttp://www.tij.co.jp/afe5818-pr-jpをご覧ください。

この製品ファミリは、システム効率を最適化するため、復調ブロックやJESD204Bインターフェイスのオプションの搭載/非搭載の複数のバージョンを提供することから、基板レイアウトの簡素化や、コストの削減に役立ちます。これらの製品は業界最小の消費電力でノイズ性能を提供することから、電力バジェットを悪化させずに、より高い画像性能ポータブル・ソリューションを可能にします。

 

AFE5818』と『AFE5816』の製品ファミリの特長と利点

  • 最高の統合性: 『AFE5818』と『AFE5816』は、業界初の16チャネル同時サンプリングAFE製品ファミリであり、システム・レベルの最適化が可能
     
  • 最小限の消費電力: 『AFE5818』と『AFE5816』は、それぞれ1チャネルあたり94mWと52mWの消費電力を提供、競合製品と比較して消費電力を33パーセント削減
     
  • JESD204B インターフェイスを内蔵: 『AFE58JD18』と『AFE58JD16』は、5GbpsのJESD204B シリアル・インターフェイスを内蔵し、その他のデータ・インターフェイス標準規格と比較して、超音波システムのデータI/O配線を最大80パーセント削減するとともに、最大6.4Gbpsのデータレートが可能。この標準インターフェイスは、TIの  『66AK2L06』マルチコア・プロセッサをはじめとした高性能プロセッサ製品との間に切れ目のない接続を提供
     
  • DTGC(デジタル・タイム・ゲイン補償): 『AFE58JD16』と『AFE5816』は0.125dBの分解能のDTGC エンジンを内蔵、ノイズと消費電力を削減。また、DTGC は、従来のアナログ・ゲイン補償と比較して、必要な外付け部品点数を削減
     
  • デジタル・デモジュレータ: 『AFE58JD18』と『AFE58JD16』は、デジタル・デモジュレータをオンチップで内蔵、RF(高周波)からベースバンドまでの周波数で16チャネルのデータのコンディショニング機能を提供。この機能よって、システムのプロセシング・エンジンの処理負荷を軽減し、レイテンシを削減すると同時により高い画像品質を提供

 

『AFE5818』と『AFE5816』の製品ファミリは、より高い柔軟性のフロントエンドが必要な超音波レシーバ製品に、最大32本の入力構成が可能な、TIの新しい16チャネル、高速A/Dコンバータである『ADS52J90』が補完します。このADC製品は、プロセッサやFPGAのコスト削減に役立つオンチップのデジタル・デモジュレータのほか、LVDS(低電圧差動シグナリング)やJESD204Bシリアル・インターフェイスを内蔵し、より高速なデータレートを提供します。

 

 

製品設計を迅速化する評価ツールとサポート
TIでは『AFE5818』、『AFE5816』や『ADS52J90』の各製品ファミリの評価の迅速化や簡素化に役立つEVM(評価モジュール)を供給中です。『AFE5818EVM』『AFE58JD18EVM』『AFE58JD16EVM』  の各EVMは、それぞれ単価(参考価格)599ドルで供給されます。『ADS52J90EVM』は同1,249ドルで供給されます。各EVMは、TI storeや販売特約店から供給されます。

『AFE5818』/『AFE58JD18』や、『AFE5816』/『AFE58JD16』の各製品には、IBISモデルが提供されます。また『ADS52J90』はA/Dコンバータ向けのアンチエイリアシング計算ツールや、オペアンプ-A/Dコンバータ回路の回路トポロジ計算ツールがサポートします。これらのツールはtij.co.jpから供給されます。

 

パッケージ、供給、価格
『AFE5818』と『AFE5816』の製品ファミリと『ADS52J90』は供給中です。1,000個受注時の単価(参考価格)を次表に示します。

 

製品名 内蔵機能

ノイズ特性
(nV/rtHz)

12ビット、80 MSPS時の消費電力 (mW/ch)

1,000個受注時の単価(参考価格)

AFE5818 LVDS 0.75 143(1) 130ドル
AFE58JD18 LVDS、デモジュレータ、JESD204B 0.75 163(2) 215ドル
AFE5816 LVDS 1.00 94 (1) 120ドル
AFE58JD16 LVDS、デモジュレータ、JESD204B 1.00 114(2) 200ドル
ADS52J90 LVDS、デモジュレータ、JESD204B N/A 38(1) 120ドル

(1)LVDSインターフェイス使用時の消費電力

(2)JESD204Bインターフェイスとデモジュレータ使用時の消費電力

 

TIの超音波向けAFE製品に関する情報

・TI 超音波システム向けソリューションの詳細

・TIの  JESD204B向け製品の詳細

・新しいデータ・コンバータ 学習センターで話題ごとに体系化された設計手法のリソースを参照

 

※ すべての商標および登録商標はそれぞれの所有者に帰属します。