メーカーニュース

日本TI、組込みプロセシング市場向けに、リアルタイム処理とマルチメディアの各機能を統合した最強のSoC製品を発表

2015年10月16日

TIの最新『AM57x』製品ファミリとProcessor SDKにより、強力なSitaraプロセッサ製品プラットフォームと共通な、高い統合度、スケーラビリティ、ペリフェラル群や使いやすさを提供

2015年10月15日

SCJ-15-052                                                                                               
2015年10月15日

日本テキサス・インスツルメンツは、Sitara™ プロセッサ製品プラットフォームで最も高性能、高い統合度、スケーラビリティやペリフェラル群を提供するSitara™ AM57x プロセッサ 製品ファミリを発表しました。このSitara 『AM57x』 プロセッサ製品は、高性能プロセシングとハイレベルオペレーティング・システム(HLOS)に適した複数のARM® Cortex®-A15コアを含む、独自のヘテロジニアス・アーキテクチャにより、幅広い組込みや産業用アプリケーション向けに開発されています。さらに、このSitara 『AM57x』 プロセッサ製品は、アナリティクスとリアルタイム演算用のTI C66x デジタル・シグナル・プロセッサ (DSP) 、制御機能向けの複数のプログラマブル・リアルタイム・ユニット(PRU)と複数のARM Cortex-M4コア、より進歩したユーザー・インターフェイスやマルチメディア・アプリケーション向けに使えるビデオやグラフィクス向けのアクセラレータを統合しています。

新しいSitara 『AM57x』プロセッサ製品ファミリは、高性能と高い統合度を実現するために、新規に開発されました。そして、幅広い組込み市場に見られるクアッド・コアのARM Cortex-A9プロセッサ製品と比較して40パーセント、 標準的なデュアル・コアのARM Cortex-A9プロセッサ製品と比較して280パーセント高い性能を持ちます。

 

Sitara AM57x』プロセッサ製品の先進の統合機能群
Sitara 『AM57x』プロセッサ製品は、演算、リアルタイム制御、コネクティビティやマルチメディア向け機能など、最も進んだ統合がワンチップで実現されているため、機能ごとの複数のチップが不要で、製品設計をより簡素化できます。この高い統合は、インダストリアルIoT(産業向けのモノのインターネット: IIoT)、ファクトリ・オートメーション 、マシン・ビジョン、組込みコンピューティング、ヒューマン・マシン・インターフェイス(HMI)、ロボティクス、医療用画像処理 、航空電子機器など幅広いアプリケーションに最適です。

 

・演算性能: ARM Cortex-A15コアとC66x DSP(それぞれ最大2個)の2種類の演算コアの独自の組み合わせが、異なるタスクを実行しつつ高い性能を発揮します。このマルチコア・アーキテクチャが、システムの統合を促進、クラス最高の性能を提供すると同時に、複数のタスクを適正なコアに振り分けることで、ワンチップで高い柔軟性を提供

・制御: 『AM57x』プロセッサ製品は、高性能に加えて、2個のARM Cortex-M4コアと、4個のPRU を内蔵、モーター制御やセンサの監視などの産業用アプリケーションに必要な、低レイテンシのリアルタイム制御機能群を提供

・コネクティビティ: 『AM57x』プロセッサ製品はリアルタイムのfieldbusプロトコル群や、その他の産業用通信向けのインダストリアル・コミュニケーション・サブシステム(ICSS)のほか、高いシステムの柔軟性を提供するPCIe、SATA、Gigabit EthernetやUSB 3.0などの高速ペリフェラル群を統合。この特長と、高性能のARM Cortex-A15コアとDSPが、より高速のデータの送受信を実現

・マルチメディア: 『AM57x』プロセッサ製品は、最大2個の『SGX544』 3Dグラフィクス・アクセラレータと、1個の『GC320』 2Dグラフィクス・アクセラレータを統合、進歩したグラフィカル・ユーザー・インターフェイスが可能。1080p60ビデオ・アクセラレータとマルチディスプレイのサポートにより、高品位ビデオを再生。イベントの録画、写真撮影やバーコード読み取り用の複数のカメラ入力も提供

『AM57x』プロセッサ製品の電源には、TIの『TPS659037』電源ICを使用できます。また、『AM57x EVM』 評価モジュールには、TIの WiLink™ 8モジュール製品 が接続できるコネクタが装備されており、Wi-Fi®Bluetooth® の両方のコネクティビティを提供します。

 

完全にスケーラブルなソフトウェアで、特定用途向けのソリューションを構築
TIは、ピン互換の『AM57x』プロセッサ製品ファミリと、SitaraおよびDSPプロセッサ製品でスケーラブルなソフトウェア体験を提供する、Processor SDK開発しました。各プロセッサ製品ファミリは、共通のコードでローエンドからハイエンドまで(『AM335x』『AM437x』『AM57x』 ファミリ)対応しているため、ソフトウェアの再学習が不要です。Processor SDKは、TIのプロセッサ製品ポートフォリオを統合したソフトウェア・プラットフォームであり、メインライン・ロングターム・ステーブル(LTS)Linux® カーネル(RT-Linuxも対応予定)、Linaro™ ツール・チェインや、Yocto Project™ 互換のファイル・システムを含む、ソフトウェア・ファウンデーションを使用しており、ソフトウェア・リソースへの再投資が不要な、一貫したユーザー体験を提供します。またTI-RTOS により最適なリアルタイム性能を実現できます。さらに、DSPの専門知識が不要なKhronos OpenCLをはじめとした、複数のプログラミング・フレームワークによって、ソフトウェア開発を簡素化します。

 

大規模な開発コミュニティとエコシステムのサポートを提供
TI は BeagleBoard.org と協働して、新しいBeagleBoard-X15にSitara 『AM5728』 プロセッサを搭載するとともに、オープンソースのハードウェア開発各社で構成された大規模なコミュニティへのアクセスを提供します。TI デザイン・ネットワーク 各社からのサードパーティ・ソリューションは、顧客各社にハードウェア・アクセラレータによるビデオ・コーデックをはじめとした検証済のハードウェア・モジュール群や、ソフトウェア製品を提供します。また、Adeneo EmbeddedのWindows Embedded Compact 2013やAndroid™ 5.0のほか、Mentor Graphics、Green Hills Software、QNXやWind Riverの各社のRTOSをはじめとした、複数の柔軟なオペレーティング・システムや幅広い製品を活用できます。さらに、Ittiam、PHYTEC、D3 Engineering、CompuLab、DAB-EMBEDDEDやZ3 Technology の各社が供給するプリビルト・ハードウェア・モジュール群も、開発期間の短縮に役立ちます。

 

価格と供給
Sitara 『AM57x』プロセッサ製品のサンプルは、TI から供給中です。 『AM57x』の EVM (『TMDXEVM5728』) は、TI Store や販売特約店から、単価(参考価格)599ドルで供給されます。Sitara 『AM57x』をベースとしたTIのエコシステム会員各社のソリューションの評価に関しては、各社にお問い合わせください。また、Sitara 『AM57x』のTI Designs リファレンス・デザイン も供給中です。 

 

※Sitara はTexas Instruments Incorporatedの商標です。その他すべての商標および登録商標はそれぞれの所有者に帰属します。