メーカーニュース

日本TI、高機能アプリケーション向けに、業界最小のジッタ特性、シグナル・インテグリティを最適化するオシレータ製品ファミリを発表

2015年12月11日

カスタマイズが簡単で、複数のシステム・レベルの機能が設計期間を短縮

2015年12月10日

SCJ-15-067                                                                                            
2015年12月10日

日本テキサス・インスツルメンツは、プログラマブルやピン割当て、その他のオプション設定が可能な、業界最小のジッタ性能の90fs(フェムト秒)を7mm×5mmの小型パッケージで提供する、性能重視の各種アプリケーションにおいてシグナル・インテグリティの最適化やデータ伝送エラーの低減に貢献する、固定周波数の差動オシレータ製品ファミリを発表しました。新しい『LMK61xx』製品ファミリは、簡単なカスタマイズ、周波数マージニングや、1つのデバイスで複数の周波数をサポートが可能で、FPGA(フィールド・プログラマブル・ゲート・アレー)、A/Dコンバータ、D/Aコンバータや高速シリアル・リンクなどのクロック信号源に最適です。製品の詳細に関しては、http://www.tij.co.jp/lmk61xx-pr-jpをご覧ください。

 

 

LMK61xx』オシレータ製品ファミリの主な特長と利点
・業界最小のジッタ特性: 12kHz~20MHzに渡って、競合製品の半分未満の90fs(代表値)のRMSジッタ性能を提供し、通信、テスト・計測、医療用機器などにおいて信頼性やシステム・マージンを向上

・高い柔軟性で簡単にカスタマイズ: 11品種のオシレータ製品ファミリは、プログラマブルとピン割当てが可能で、固定周波数を各デバイスに提供し、LVPECL(低電圧疑似エミッタ結合ロジック)、LVDS(低電圧差動シグナリング)やHCSL(高速電流ステアリング・ロジック)などの出力型式と、10 MHz~1 GHzの周波数範囲によって、設計者のニーズに適合する様々なオプションを提供

-プログラマブル・デバイスは、I2Cインターフェイスや100回の書き込みサイクルのEEPROM(電子的消去可能読み出し専用メモリ)経由で究極の柔軟性を提供し、スタートアップ周波数を簡単にカスタマイズ可能

-ピン割当てデバイスは、最大7種類の独立した周波数や出力型式を1つのデバイスに統合が可能で、設計の柔軟性を提供

-固定周波数オシレータ製品は、高速で、周波数に依存しないリード・タイムを提供

・設計サイクルを短縮:

-ファイン/コアース(微調整/粗調整)をグリッチレスで提供する周波数マージニングが、システムの要件への適合テストやストレス・テストが試作設計の検証時に可能

-業界標準の6ピンと8ピンのパッケージで供給し、プリント基板の再設計なしで、既存の設計への採用と評価を容易化

 

 

設計期間の短縮に役立つ評価ツール
TIでは、新しい『LMK61xx』オシレータ製品の選択、評価や設計の迅速化に役立つ評価ツールを供給中です。

・プログラマビリティ、出力型式や周波数などのアプリケーション要件に応じて、最適な『LMK61xx』オシレータ を選択できるオシレータ・カスタマイゼーション・ツール。このツールは、独自の要件を持つアプリケーション向けのカスタム・サンプルの発注もサポート

・『LMK61xx』オシレータ評価モジュール (EVM) を、TI store や販売特約店から供給: プログラマブルの『LMK61E2EVM』を単価(参考価格)99ドルで供給。ピン設定による差動の『LMK61PDEVM』(同79ドル)や数種類の固定周波数EVM(同79ドル)も供給

・TIのクロックやタイミング・デバイスを使った設計の簡素化に役立つTIの WEBENCH® Clock Architect ツール。このツールは、幅広いデバイスのデータベースから、単一や複数デバイス構成で、システム要件に適合するクロック・ツリー・ソリューションを選択し、推奨。PLL(フェーズロック・ループ)のフィルタ 設計や、位相ノイズのシミュレーションを提供し、クロック・ツリーの設計のシミュレーションや最適化を可能にすることで、システム要件に適合

 

 

パッケージ、供給、価格
現在、『LMK61xx』オシレータ製品は供給中で、パッケージはQFM(クワド・フラット・ノーリード・モジュール)です。1,000個受注時の単価(参考価格)を次に示します。

 

部品番号

製品説明

単価

LMK61E2-100M00

100 MHz LVPECL オシレータ

4.10ドル

LMK61A2-100M00

100 MHz LVDS オシレータ

4.10ドル

LMK61I2-100M00

100 MHz HCSL オシレータ

4.10ドル

LMK61E2-125M00

125 MHz LVPECL オシレータ

4.10ドル

LMK61A2-125M00

125 MHz LVDS オシレータ

4.10ドル

LMK61E2-156M25

156.25 MHz LVPECL オシレータ

5.30ドル

LMK61A2-156M25

156.25 MHz LVDS オシレータ

5.30ドル

LMK61E2-312M50

312.5 MHz LVPECL オシレータ

6.10ドル

LMK61A2-312M50

312.5 MHz LVDS オシレータ

6.10ドル

LMK61PD0A2

ピン設定オシレータ

7.50ドル

LMK61E2

フル・プログラマブル・オシレータ

10.50ドル

 

TIでは、『LMK00301』汎用差動バッファや、『LMK00338』PCI Express Gen-3標準規格準拠HCSLバッファなどの超低追加ジッタ・ファンアウト・バッファをはじめとした、『LMK61xx』オシレータ製品ファミリを補完する包括的なタイミング製品ポートフォリオを供給しています。

 

 

TIWEBENCH®設計支援ツールについて
WEBENCH Designer / WEBENCH Architectのツールによって、開発者はカスタムデザインの設計、シミュレーション、エクスポートが容易に可能となります。部品ライブラリはメーカー120社の40,000点以上の部品データを収録しています。また、価格と供給に関するデータは8つの言語で提供されており、設計の最適化、製造計画のためにTIのディストリビューション・パートナーが随時更新しています。無償で利用できるWEBENCH設計支援ツールを使って設計を開始するには、こちらにアクセスしてください。

 

※ WEBENCHはTexas Instrumentsの登録商標です。その他すべての商標および登録商標はそれぞれの所有者に帰属します。