メーカーニュース

IDT、複雑なタイミングネットワーク向けに突出した周波数の柔軟性を提供する新しいFemtoClockファミリを発表

2016年05月25日

コンフィグラブルなクロック出力を12個備え、クロックツリー全域を対象とした

シングルチップソリューションを実現する8T49N1012 FemtoClock NGシンセサイザ

本日、独自の柔軟性を備えた新しい周波数シンセサイザを発表しました。デバイス設定を事前に指定しておくことも、システム内でプログラミングすることも、その両者を組み合わせることも可能です。業界で初めて8つの分数出力分周器と2つの整数出力分周器を備えたこのIDT® 8T49N1012 FemtoClock® NGシンセサイザは、複雑なタイミング要件に対応しつつ、重要な性能パラメータを満たすシングルチップソリューションを実現します。

今回の新しいタイミング製品は、ネットワークや通信をはじめとして、印刷、コンピュータ、計測機器、オーディオ、ビデオ、USBなど、さまざまなアプリケーションの高度なエンタープライズ級のシステムに最適です。柔軟性と費用対効果に優れており、実質的にほとんどの一般的なタイミング要件に対応可能です。

IDTのマルチマーケットタイミング部門ゼネラルマネージャであるKris Rauschは、次のように述べています。「今日の先進的な電子システムでは、クロックツリーによって生成、制御される信号が至るところを駆け巡っています。そのため、タイミングデバイスが同期精度に優れた最高性能を発揮できるかどうかが極めて重要なポイントとなります。8T49N1012は優れた柔軟性を備えており、多種多様なアプリケーションで求められるどのようなクロックでも単一のデバイスで生成できるため、ボード占有面積、BOM、コンポーネント数を最小限に抑えることができます。また、この12出力のクロックジェネレーターはシステム内で設定可能なため、次世代設計への移植性に優れており、所有コストや市場投入時間を削減できます」

8T49N1012は、I2Cインターフェースを通じてプログラム可能で、マスター機能もサポートしており、レジスタ設定を外部EEPROMから読み取ることが可能です。この機能により、一般的なシステム障害を解決したときに迅速なシステム復旧が可能になります。また、すべての8分数出力においてスキュー制御をプログラム可能なため、回路内でトレース遅延を容易に調整できます。

IDTのTiming Commander™ソフトウェアツールにより、迅速かつ容易にデバイスを再設定できるため、設計全体を効率的に更新できます。

主な特長は、次のとおりです。

 

8T49N1012 FemtoClock® NGシンセサイザは、10×10mm 72ピンVFQFNパッケージで提供されます。