メーカーニュース

Prodrive Technologiesとパートナー契約を結び、レイテンシ100nsのエネルギー効率に優れたRapidIOスイッチアプライアンスポートフォリオを開発

2016年03月16日

50Gbps~4.8Tbpsのスケーラブルな帯域幅を実現し、5GやC-RAN、

モバイルエッジコンピューティング、ハイパフォーマンスコンピューティング、

データ解析、金融取引に最適なトップオブラック(ToR)スイッチ

IDT® は本日、Prodrive Technologiesとの協力のもと、さまざまなワイヤレスアプリケーションやデータセンターアプリケーションの開発に必要とされる超低レイテンシ、広帯域幅、高エネルギー効率を実現する新しいRapidIO対応スイッチアプライアンスポートフォリオを開発したことを発表しました。100nsのスイッチレイテンシを特長とする新しいアプライアンスは、5GやC-RAN、モバイルエッジコンピューティング、ハイパフォーマンスコンピューティング、データ解析、金融取引といった分野のソリューション設計に最適です。

今回の新製品は、IDTが共同議長を務めるオープンコンピュートプロジェクト(OCP)ハイパフォーマンスコンピューティング(HPC)グループの枠内で両社が協力した結果生まれたものです。このスイッチアプライアンスは、今日4G LTEを通じて行われているほぼすべての通話やダウンロードで利用されているIDTのRapidIOテクノロジーを活用しています。

RapidIOスイッチは、SoCやDSP、FPGA、GPU、カスタムASICなど、処理能力重視の高度なシステムを構成する各種のコンピューティングコンポーネントを接続する際に利用されます。IDTはこれまでに10~20GbpsのRapidIOポートを1億1000万個以上出荷しており、稼働中のネットワークで実際に利用されています。また、新しいアプライアンスポートフォリオでは、このような第2世代スイッチを利用した製品だけでなく、IDTが先日発表したRXS RapidIOスイッチファミリを採用した製品も開発されています。RXSファミリを利用することで、ポートあたり1.2W未満の消費電力と100nsのレイテンシを実現しつつ、最大50Gbpsの速度でポートを稼働できるようになります。

IDTの最高技術責任者(CTO)兼グローバルオペレーションズ部門担当バイスプレジデントであるSailesh Chittipeddiは、次のように述べています。「5Gのインフラでは、往復1ミリ秒以下という厳しいレイテンシ要件が求められており、ネットワーク内のあらゆるコンピューティング要素に対して大きな課題が突き付けられています。今回の新しいRapidIOベーススイッチアプライアンスは、レイテンシとエネルギー効率に関して業界トップクラスの性能を併せ持っています。Prodrive Technologiesとのコラボレーションにより、通信分野の5GエッジコンピューティングやC-RANをはじめとして、ハイパフォーマンスコンピューティングやデータセンターの解析で求められる要件を満たす製品が誕生したことをうれしく思います」

ポートあたり20Gbpsの速度で38ポート構成の新スイッチアプライアンスを活用した最初のシステムが、すでにワイヤレスC-RANシステムやデータ解析システムに導入されています。次の製品は、19インチラックに取り付け可能なシステムに、ポートあたり50Gbpsで稼働可能なIDTのRXSスイッチシリコンポートフォリオを採用したもので、2016年下期に供給開始が予定されています。

Prodrive TechnologiesのCEOであるPieter Janssen氏は、次のように述べています。「IDTとのコラボレーションは、これまでにも、RapidIOをベースとするProdrive製のサーバやスイッチアプライアンスがコンピューティング分野や通信事業分野で普及する原動力となってきました。今回の新しいスイッチポートフォリオは、ProdriveチームがEU内で行う世界トップクラスの設計と製造に、IDTのインターコネクト製品と販売経路を結合したもので、すでに10~20Gbpsバージョンが大手通信事業者のC-RANプログラムやヨーロッパの主要なデータセンター向けのHPCに導入されています。FPGA/Power/x86/ARMサーバに接続されたProdriveのRapidIOスイッチアプライアンスは、金融取引アプリケーションにおいても魅力的な選択肢となります」

新スイッチアプライアンスは、スケーラブルなモジュール式で、32~96個のポートに対応します。ラックスケールやマルチラックスケールのクラスタ化をサポートし、さまざまなCPUやアクセラレータによるヘテロジニアス処理に対応するアプリケーションをターゲットとしています。複数のスイッチアプライアンスによって、1つのネットワーク内で最大6万4000個の処理ノードをRapidIOプロトコルを利用してリーフ/スパイン型ネットワークに接続できます。個々のポートは、それぞれ異なる速度で稼働するよう設定することが可能で、1Gbps、2.5Gbps、5Gbps、10Gbps、20Gbps、40Gbps、50Gbpsの中から選択できます。これにより、アプリケーションの作業負荷に応じて、システム全体の消費電力を最適化することができます。

OpenPOWER Foundationの代表を務めるCalista Redmond氏は、次のように述べています。「オープンなコラボレーションを通じてオープンコンピュートプロジェクトやOpenPOWER向けのソリューションが開発されることで、広範なオープンコミュニティの開発努力が促進、強化されます。OpenPOWERがエッジコンピューティングに向けてさまざまなシステムリソースやスイッチリソースの機能を拡張させる中、IDTは常に最先端を走っています」

3月9日~10日にカリフォルニア州サンノゼで開催された「OCPサミット」のOpenPOWERブースにおいて、新しいRapidIOスイッチアプライアンスポートフォリオに、Power ArchitectureやFPGAを採用したRapidIOサーバを組み合わせたデモを行いました。3月10日には、「OCPサミット」において、HPCと通信事業を対象とするRapidIOベースコンピューティングソリューションのデモを行っています。

新スイッチアプライアンス製品の詳細や購入については、Prodrive Technologiesのウェブサイト(http://prodrive-technologies.com/rapidio-gen2-38-ports-top-rack-switch-box/)をご覧ください。現在、ポートあたり20Gbpsのバージョンの供給が開始されています。IDTのRXS RapidIOスイッチを採用したポートあたり50Gbpsのカスタムソリューションについては、Prodriveにお問い合わせください。