メーカーニュース

フェアチャイルドがファーウェイより2つの「ベスト品質パートナー賞」を受賞

2015年12月07日

カリフォルニア州サンノゼ – 2015年12月7 日 — 高性能パワー半導体ソリューションのグローバルサプライヤーであるFairchild(NASDAQ:FCS)(以下、フェアチャイルドと表記)は、11月4日に中国・深圳にて行われた「Huaweiグループ2015コア・パートナー・カンファレンス」においてファーウェイならびに同社コンシューマー向け端末事業グループより「ベスト品質パートナー賞2015」を受賞したと発表しました。

フェアチャイルドは、製品品質/顧客向けサポート/成功した協力体制をもつ300社のファーウェイのコア・パートナーの中から選出され、当イベントにて2つの賞を受賞した唯一の企業です。最初の賞はファーウェイ 技術・品質管理センター シニア・ディレクターの謝 主生(シェ・ズーシェン)氏が、フェアチャイルドの副社長Barry O’Connell(Global Quality)に授与、2つ目は同社コンシューマー向け端末事業グループ 品質管理・オペレーション担当シニア・ディレクター馬 兵(マ・ビン)氏がフェアチャイルドの中華圏副社長Andy Laiに授与しました。

「ファーウェイ社はフェアチャイルドにとって非常に大切なグローバルなお客さまであり、部品供給業者から大いなる期待を寄せられている企業です。ファーウェイ 社からこの「ベスト品質パートナー賞」を 2つ同時受賞できたことは弊社のお客様への取り組みとパートナーシップの証しです。」と、フェアチャイルドの上級副社長Chris Allexandre (Global Sales, Marketing and Business Operations and Planning責任者)は述べています。

また、「ファーウェイ社による「ベスト品質パートナー」としての認定はフェアチャイルドが重要視かつ優先度をおいている、弊社の品質に対するコミットメントと顧客への優秀性提供に対する継続的な努力に対するものと確信しています。」とフェアチャイルドの副社長Barry O’Connell(Global Quality)は語っています。

※本資料は2015年12月7日(現地時間)に米国で発表されたプレスリリースの参考翻訳資料です。

ファーウェイについて

ファーウェイ(中国語表記:華為技術、英語表記:HUAWEI)は、世界有数のICTソリューション・プロバイダーであり、1987年に中国・深圳(シンセン)に設立された従業員持株制による民間企業です。「通信技術を通じて人々の生活を豊かにする」というビジョンのもと、お客様志向のイノベーションとパートナーシップにより、通信・企業ネットワーク、端末、クラウド分野にわたり、お客様の競争優位性を高めるエンド・ツー・エンドのICTソリューション・ポートフォリオを確立しています。ファーウェイの17万人におよぶ従業員は通信事業者、企業、消費者の皆様へ最大の価値を提供すべく尽力しており、競争力の高いソリューションとサービスを170か国以上で提供し、世界人口の3分の1にもおよぶ人々のICTソリューション・ニーズに応えています。
日本法人(ファーウェイ・ジャパン)は2005年に設立され、日本市場のニーズに応えるべく幅広い製品ならびにサービスを提供しています。詳しくは、当社ウェブサイト:www.huawei.com/jp/をご覧ください。