メーカーニュース

キーサイト・テクノロジー社のGenesys向けに、 RFシステムの設計を大幅に効率化するSys-Parameterライブラリを提供

2016年03月17日

アナログ・デバイセズ社(NASDAQ:ADI)は本日、Keysight Technologies(キーサイト・テクノロジー)社のRFシミュレーション/シンセシス(回路生成)ソフトウェアGenesys向けにSys-Parameters モデルの豊富なRFアンプ特性データ(ライブラリ)をリリースしたことを発表しました。Genesysは効率的に作業できるRF/マイクロ波シミュレーションツールで、エラーベクトル振幅(EVM)や隣接チャネル電力比(ACPR)等、RFモジュール仕様に関するバジェット解析を対話形式で行い、RFシグナル・チェーン全体をシミュレーションできます。Genesysを使用することで、各種RFアプリケーションに最適なコンポーネントを簡単に比較、選択できるようになります。アナログ・デバイセズは、業界でいち早くSys-Parameterモデルに合う、シミュレーションに直接使用できる電子データシートを提供することで、データファイルやデータを補完するカスタムプログラムを作成する工程を不要にしました。

Keysight Sys-Parametersは、アンプのP1dB、IP3、ゲイン、ノイズ指数、VSWR等、RFシステムコンポーネントの挙動パラメータで、様々な非リニアおよびリニア特性をスプレッドシート形式で記述することで、シミュレーション時の利便性を高めています。ADIのSys-Parameterライブラリには、ゲイン・ブロックからパワー・アンプまで100近いRFアンプが収蔵され、DCから86GHzまでの周波数をカバーしています。これらのコンポーネントは無線通信、試験・計測、レーダーなどのアプリケーションに用いられています。コンポーネントをリストから即座に選択し、ワンパスでRFシグナル・チェーンを正確に設計できます。ADIのSys-Parameterモデルライブラリは、Keysight Genesysの2015.08にプレインストールされています。ライブラリの最新版はKeysight Technologies社 のホームページhttp://www.keysight.com/main/home.jspx?cc=JP&lc=jpnおよびアナログ・デバイセズのホームページhttp://www.analog.com/jp からダウンロードできます。