メーカーニュース

日本TI、経験ある電源技術者のニーズに応えるPower Management Lab Kitシリーズを発表

2016年06月24日

現役や将来の電源技術者向けに、 現実世界の電源設計に役立つトレーニング・ツールを供給

2016年06月23日

SCJ-16-021
2016年6月23日

日本テキサス・インスツルメンツは、技術系の学生や業界のプロフェッショナル向けに、電源の理論と現実世界のアプリケーションのギャップを埋める、TI Power Management Lab Kit (TI-PMLK) シリーズ を発表しました。すべての電子システムは例外なく電源ソリューションを必要とし、電源製品への需要の伸びによって、高いスキルを持つ多数の電源技術者が必要になります。TIでは、この需要に対応するため、システム・レベルの理論を含む、電源管理に関する学習経験を手軽に提供するラボ・キット製品シリーズを発表しました。包括的で、使いやすく、汎用性を備えた『TI-PMLK』は、ラボ体験を通じて、学生に電源ソリューションの設計のための実践的な学習環境を提供します。

各ラボ・キットには、評価ボードのほか、主要な電源コンバータのトポロジ、理論、ケース・スタディや、一連の独自の実験などを含む実験ラボ・ブックが付属しているので、実際のアプリケーションに必要な電源について迅速に理解できます。『TI-PMLK』シリーズは、降圧型 、リニア・レギュレータ(LDO) 昇圧型などの業界で主要な電源ソリューションを含みます。また、降圧-昇圧型も今後追加を予定しています。

TI Education Technology の社長であるピーター・バリータ博士(Peter Balyta, Ph.D.)は次のように述べています。「サーモスタットから自動車まで、長年にわたって使用してきた製品をはじめ、周囲にあるあらゆるもの は、よりスマートとなると共に、より低消費電力が必要となってきています。業界では、高効率の電源システムを理解し、設計できる設計者を必要としています。『TI-PMLK』は学習機会を手軽に提供し、学士課程の技術コースで学習した電源理論をより確実なものにするとともに、電源設計の学習成果を現実の製品に結実させます」

各種のボードと実験は、様々な電子技術コースで学習した基礎的な理論の強化にも使用できるほか、業界のプロフェッショナルが電源設計について、正しい知識に裏打ちされた決定を行うためのトレーニングにも役立ちます。『TI-PMLK』はモジュール単位で全体的に学習し、カリキュラムやコース学習の要件に適合させるほか、業界内の技術トレーニングに役立てることで、特定のアプリケーションの問題に対応できます。

『TI-PMLK』の著者で、作成者の一人であり、イタリアのサレルノ大学(University of Salerno)の教職員であるニコラ・フェミーア氏(Nicola Femia)は次のように述べています。「『TI-PMLK』は電源設計の総合的な理解に大変効果的であるように、ユーザの学習体験をカスタマイズできます」

『TI-PMLK』は、現役および将来のすべての技術者に対して実際の電源の問題解決や、発展中のテクノロジの分野において革新的なソリューションを継続的に構築していくために必要な知識の提供を目的としています。『TI-PMLK』シリーズの詳細や、購入に関してはこちらをご覧ください。

TIの電源管理向け設計リソースに関する情報
・TIのトレーニング・ポータルでその他の電源管理トレーニング を検索
TI Designs リファレンス・デザイン・ライブラリで、電源リファレンス・デザインをダウンロード

※すべての商標および登録商標はそれぞれの所有者に帰属します。