メーカーニュース

日本TI、業界初の3 GSPS、14ビット RFサンプリングA/Dコンバータ製品を発表

2016年05月20日

ダイレクトRFサンプリングシステム構成を簡素化する、業界最高のダイナミック・レンジ、 最も広い帯域幅、最高速の14ビット A/Dコンバータ製品

SCJ-16-015
2016年5月19日

日本テキサス・インスツルメンツは、業界最高レベルのRF(高周波)サンプリング性能を実現した業界最高速の14ビットA/Dコンバータ『ADC32RF45』を発表しました。
『ADC32RF45』は、2チャネル内蔵で、最大4GHzのダイレクトRF信号変換が可能で、最高のダイナミック・レンジと最大の入力帯域幅を提供します。
TIのRFサンプリング製品ポートフォリオの新しいデータ・コンバータ製品ファミリとなる『ADS32RF45』は、最大4段の中間周波数ダウンコンバージョン・ステージを省略できることから、システム構成を簡素化し、基板実装面積を最大75パーセント縮小します。

ダイレクトRFサンプリングは、レーダー、ソフトウェア無線、航空宇宙や防衛、テスト・計測、ワイヤレス通信、電波天文向けなどのシステムにおいて、より高い実装密度、より良好なノイズ性能、より広い帯域幅やより小さな実装面積の要件に適合します。製品の詳細、評価モジュールのご注文に関しては、http://www.tij.co.jp/ADC32RF45-pr-jpをご覧ください。

ADC32RF45』の特長と利点

・最大4 GHzRF入力信号をサポート: 0.5~1.5GHzのLバンドや、2~4GHzのSバンド全体で、第1、第2、第3ナイキスト・ゾーンのRF信号の変換が可能で、フィルタの簡素化、基板実装面積の縮小や部品点数の削減などが可能

・業界をリードするノイズ密度:『ADC32RF45』は、競合デバイスよりも5dB良好な-155 dBFS/Hzというスペクトラルノイズ密度を提供、また入力周波数1.8GHzで業界最高の58.5dBのSN比を提供

・最大3GSPSのサンプリングレートで、業界最高速の14ビットA/Dコンバータ: 1チャネルあたり1.5GHzの瞬時帯域幅を提供、2.5GHzを超える周波数で、同相や直交位相成分の広帯域レシーバの実装が可能

・マルチバンド・デジタル・ダウンコンバータ: 1チャネルあたり1帯域または2帯域のサブバンドを取り出し、デジタル・インターフェイスのデータ・スループットを最大92パーセントまで大幅に削減、システム・サイズ、消費電力やプロセシング・リソース
を節約

製品設計の迅速化に役立つ開発ツール
TIでは、TI storeから 『ADC32RF45EVM』 評価モジュールを単価(参考価格)2,499ドルで、また『TSW14J56EVM』 データ・キャプチャ・カードを同1, 249ドルで供給中です。また、TI Designsリファレンス・デザインや、アプリケーション・ノートなどのサポート もご利用可能です。

コンプリートな高性能シグナル・チェーンを提供
短い開発期間で最高の特性を得るために『ADC32RF45』と、DC~1.5GHzの帯域幅をサポートするTIの 『LMH3404』 7GHz 2チャネル完全差動アンプ、『LMX2592』 9.8GHz
広帯域周波数シンセサイザ、『LMK04828』 JESD204B準拠クロック・ジッタ・クリーナーを組み合わせることで、アナログ・シグナル・チェーンを完成することができます。さら
に、『66AK2L06』 プロセッサ製品は、システムに最適化されたFPGA(フィールド・プログラマブル・ゲート・アレー)製品の置き換えが可能です。ブログ記事 “RFサンプリング・ソリューションの構築手法” をご覧ください。

供給と価格
『ADC32RF45EVM』は現在出荷中です。『ADC32RF45』は2016年第3四半期に量産出荷の予定で、10mm×10mmの72ピンQFNパッケージで供給されます。100個受注時の単価(参考価格)は2, 495ドルです。

TIRFサンプリングに関する情報
・10セクションにわたるRF サンプリング blog記事
High Speed Signal Chain University:RFサンプリングビデオ
・米国カリフォルニア州サンフランシスコで5月22日~27日に開催されるInternational Microwave Symposium 2016(ブース# 419)で『ADC32RF45』のデモを出展

※ すべての商標および登録商標はそれぞれの所有者に帰属します。